PET PET動物百科事典 :水草図鑑
改良品種:ミクロソリウム・ウィンデローブ
【学 名】Microsorium pteropus(windorove)
【分 布】改良品種
【葉 長】10〜20cm
【飼育レベル】比較的容易
■説 明
比較的新しくヨーロッパで作出された、ミクロソリウムの改良品種。名前は改良に携わった、ファームの代表の名前である。ミクロソリウムの葉の先が複数に裂けるようになるという特徴があり、その独特の雰囲気から人気もある。基本的な育成方法に関しては、ノーマルタイプと同様で、丈夫で育成しやすい種類といえるだろう。ミクロソリウム同様、比較的低照度でも育成が可能で、根茎を流木や岩などに活着させても育てられる。その際にはビニタイなどで固定しておくといい。成長も比較的ゆっくりとしている。好適な環境では、葉に子株をつけるようにして増えていく。夏季に高水温が続いたりすると、葉が茶色くなって枯れる、水生シダ病が発生することがある。同時期に“トロピカ”という品種も紹介され、話題を呼んだ。
★別のカテゴリの水草を見る