PET PET動物百科事典 :昆虫図鑑
水生昆虫:ガムシ
【学 名】Hydrophilus acuminatus
【分 布】北海道から九州にかけて広く分布
【体 長】♂:40mm♀:40mm
■説明
ゲンゴロウによく似ているため、ほとんどこの2種は区別されていない。しかしゲンゴロウの後ろ足がボートのオール状になっているのに対して、ガムシでは普通の形状をしている。ここに注目すれば、両者の区別は容易だ。後ろ足の形状からも想像できるように、水中でのガムシの動きは決してスピーディーではなく、じたばたとした感じである。食性もゲンゴロウが肉食性であるのに対して、ガムシは草食性であることも両者の大きな相違点である。さらに、ゲンゴロウは他の水棲甲虫類同様に腹部先端に呼吸器官があるのに対して、ガムシでは触覚が呼吸管の役割をしている点でも異なっている。このように外見は類似していても、ゲンゴロウとガムシはそれほど近縁種なわけではない。基本的な飼育方法はタイコウチに準じるが、ガムシは草食性のため、水槽内には餌となる水草も一緒に入れておくとよいだろう。
■成虫の飼育
基本的には観賞魚を飼育する設備と変わりない。ただし、水生昆虫の多くは羽で飛ぶことができるので、水槽にはきちんと蓋をしておかないと、いつのまにか脱走されることになりかねない。
★別のカテゴリの昆虫を見る