PET PET動物百科事典 :淡水魚図鑑
メダカの仲間:クラウン・キリー
【学 名】Pseudepiplatys annulatus
【分 布】アフリカのギニア
【体 長】3cm
■特 徴
ベージュと黒の縞模様の体と、青、赤、オレンジに彩られた大きな尾ビレが実に美しく、人気も高い。以前はかなり高価な卵生メダカだったが、最近では繁殖個体が比較的コンスタントに輸入されてくるようになり、それに伴って価格も下がり購入しやすくなってきた。
■飼 育
【飼育適合水槽】
45cm
【水 質】
弱酸性の軟水
【エ サ】
何でもよく食べるが、水面直下で餌を食べるので、しばらくの間水面に浮いたままの餌の方が好ましい。
【その他】
非常に温和なので、小型魚との混泳に向く。ただし、夏場あまりに水温が上昇したり、亜硝酸濃度が高くなったりという悪環境下では、意外ともろい一面をみせる。
■繁 殖
【雌雄差】
メスは尾ビレもあまり広がらず、色彩も地味なので、雌雄の判別は容易である。
【繁 殖】
我が国のメダカのように、水草の茂みに少量ずつ卵を産みつけていくタイプの卵生メダカ。産卵自体はそれほど困難ではないが、稚魚のサイズが小さく育成にはかなり苦労する。
■備 考
数タイプの地域変異種が知られ、この仲間の飼育が盛んなヨーロッパでは、変異別にきちんと分けて系統維持がなされているようだ。日本ではそこまでのことは行われておらず、すべてが単なるクラウンキリーとして販売されている。
★別のカテゴリの淡水魚を見る