PET PET動物百科事典 :淡水魚図鑑
シクリッドの仲間:ペルヴィカクロミス・プルケール
【学 名】Pelvicachromis pulcher
【分 布】西アフリカ
【体 長】8cm
■特 徴
古くから親しまれてきた、美しい西アフリカ河川産シクリッドで、以前はPelmatochromis属とされていたため、今でも“ペルマト”という通称名で売られていることがある。非常に美しいシクリッドなのだが、あまりにも安価で売られているためか、軽視されて雑に扱われていることが多いのは残念なことである。
■飼 育
【飼育適合水槽】
60cm
【水 質】
特別な配慮は必要ない
【エ サ】
何でもよく食べるが、イトミミズを長期間に渡り単独で与え続けていると、冴えない体色の肥満した個体になることが多い。そのため、栄養バランスの良い人工餌をメインに与えたい。
【その他】
丈夫で飼育しやすいが、亜硝酸濃度が高いとエロモナス病にかかりやすいので、定期的な水換えを欠かすことはできない。他の魚との協調性はよい方なので、コミュニティタンクにもお勧めである。
■繁 殖
【雌雄差】
メスはオスよりもひと回り以上小型で、腹部が美しいピンク色に染まるので、判別は容易である。またオスの尾ビレの上部には、数個のブラックスポットが存在するので、この点でも雌雄の判別ができる。
【繁 殖】
流木の間や、横にして水槽内に設置した素焼きの植木鉢の中などに産卵し、親は卵がフ化して稚魚がある程度大きくなるまで、よく面倒をみる。普通に飼育していればまず成功するほど、繁殖は容易。
■備 考
この種にはアルビノ個体も知られ、原種同様繁殖個体が安価で販売されており、入手は容易である。
★別のカテゴリの淡水魚を見る