PET PET動物百科事典 :犬図鑑
中型犬:ブル・テリア
【体 高】50cm
【体 重】20kg
■ルーツ
ルーツは、イングリッシュ・ブルドックとテリアの混血とされている。さらにスタッフォードシャー・ブル・テリアやダルメシアンなどの血が導入されたといわれている。作出の目的は闘犬用とされる。19世紀のイギリスでは闘犬が流行して、当時こうした犬たちは、牛や熊などと闘った。その後闘犬が廃止されるにともない、違った方向での改良が進められ、白いタイプが登場。これが話題となり、犬の品種改良がブームになったという経過がある。そうした人気に呼応して、ミニチュア・タイプも登場した。その後は一時衰退したが、1930年ごろ復活をはたしている。
■外見的特徴
もっとも特徴的なのは、頭の形と顔立ちといえよう。その容姿は、1度みたら忘れないほどのインパクトをもっている。頭頂から鼻先まではほとんど平らで、まっすぐ伸びている。両目の間のくぼみも目立たず、暗色の目は、小さく目尻が上がっている。鋭角的に立ちあがった耳は薄く、左右が寄っている。被毛は短毛でつややかだが、ゴワゴワとした感触がある。色は、白、ブリンドルの単色、白地にブリンドル・赤・黒などがある。体はがっしりとたくましく、引き締まっている。四肢も力強く、短毛種のため、しっかりとついた筋肉がよく目立つ。尾は、つき位置が低く、先細。
■性 格
人なつこく、いい気質をもっている。飼い主には従順だが、知らない人間に対しては攻撃的な面がある。またこれには個体差も大きく、一概にはいえない。同類同士の仲も悪く、非常に好戦的なものもいる。飼育するに際しては、信頼できるブリーダーから入手する必要がある。基本的には素直で陽気。忍耐力はあるが、自負心と防衛、闘争本能が強いため、怒らせたら闘志を剥き出しにする。そのため訓練やしつけは幼犬から、しっかりと地道に実行する必要がある。またミニチュア・タイプの方がよく吠える傾向がある。
■飼 育
なめらかな短毛のため、手入れはしやすい。通常は、固く絞ったタオルか適温の蒸しタオルで体の汚れを拭き、その後ゴムブラシなどでマッサージ的なブラッシングを行う。入浴も必要に応じて行う程度でいいだろう。
■健康上の注意点
十分な運動が必要だが、マナーとして人前ではリードをつけておくようにする。毎日できれば2回、30分程度の引き運動と庭先などでの自由運動を組み合わせるといい。この時コミュニケーションを密にすることも重要で、遊ばせながら地道にしつけをしていくようにする。食事は若犬から成犬なら1日1、2回が目安だ。一般的な内容は、歯の健康にもよいドライフードが基本となる。偏食の原因となる味の濃い人間食の与えグセ、過食に注意する。白い品種には、ごくまれに聴力障害が出る場合もあるので、入手の際は注意が必要。
★別のカテゴリの猫を見る