PET PET動物百科事典 :犬図鑑
中型犬:バセンジー
【体 高】40〜43cm前後
【体 重】10〜11kg前後
■ルーツ
この犬の歴史は古く、原産はアフリカのコンゴとされている。ファラオ・ハウンドやイビザン・ハウンドと血縁関係があるといわれる。当時の暮らし振りは今日の犬のそれとは大きく異なり、食事もなく、半ば野生の状態で飼育されてきた。嗅覚に優れ、獲物の匂いを70m離れた距離から察知したという。視力もよく、森の優秀な猟犬として、主に鳥猟に使われ、狩猟犬として存分な能力を発揮していた。イギリスのアフリカ調査団が、数頭のこの犬種を19世紀に連れ帰るまでは、その存在はまったく知られていなかった。もち帰られた後は組織的な繁殖を開始され、今日へと至っている。
■外見的特徴
筋肉質の中型犬で、トロット・スタイルと呼ばれる独特の走りをすることで知られている。大きめの立ち耳、よく巻いた尾、独特な額のしわが特徴的だ。被毛は短毛で非常にやわらかくて絹糸状。色はレッド、黒、ブラック&タンなどがある。またのど、胸、四肢、尾の端に、白い斑が入る。すっきりとした首は適度に長く、胴体は肩の間の背の隆起にあたるキ甲が高く、背は短く水平。腰に筋肉が十分についたその体形は、スマートでスクエアだ。あばらも十分に張り、胸底が深く横から見ると非常にシャープな体つきをしている。
■性 格
あまり吠えない犬として、知られている。嬉しいときや悲しいときに、甲高くのどがつまったような声を発する。利口で物覚えがよく、鋭敏でやさしく明るい性格だ。ただ、ネコのように清潔で気難しい面も兼ね備えている。飼い主にもよくなつくが、ベタベタ甘えるタイプではない。一方で、知らない人間にはそっけなく、プライドの高い面をみせる。発情期が年1回という点もこの犬の大きな特徴だ。
■飼 育
絹のように滑らかな短い被毛は、手入れがしやすい。また犬自体が猫のようにきれい好きで、身づくろいにも余念がない。体臭も少ないため、室内犬や臭いに神経質な人に最適といえる。ただしあまり手荒に扱ったりすると、臆病でわがまま、不従順な犬に成長することになる。
■健康上の注意点
しっかりとした運動をさせることで、この犬種の健康維持や整った体形を維持することができる。これを怠ると肥満に陥りやすい面がある。食事に関しては、特別の配慮はいらない。罹りやすい病気として、貧血症や腎臓病、下痢、アレルギー皮膚炎などがある。
★別のカテゴリの猫を見る