「PETPET」ペット相談Q&A:その他の相談:詳細

  ペット相談Q&Aについて
このページでは、ペットについての相談とその回答を探すことができます。簡易的なお答えですので必要と判断されましたら適切な動物病院等で受診してください。 実際に動物病院等などを受診する際も、治療方法やお薬の内容等、担当の医師によく相談・確認するようにお願い致します。 お近くの動物病院をお探しの場合はこちらから検索もできます。
その他のペット種類

金魚の尾びれに白い斑点がついていてそれにさけてきています。体に茶色い色もついています。ウロコも膨らんでいるような感じです。体全体が白っぽいです。泳ぎ方が鈍くなって、餌をあげると食べるのですがはきだしてしまいます。だんだん元気がなくなってきています。2匹飼っているんですが、もう1匹の金魚は元気です。どうしたらよいでしょうか?金魚を別々の水槽に入れたほうがいいのでしょうか?ピンポンパールです。
金魚の飼育環境はどうなっているのでしょうか?定期的な水換えはしていますか?この場合考えられるのは、いくつかの魚病が併発しているという点です。体に白い点がつくことに関しては白点病の症状で、この病気は飼育水の温度の上下が激しいときに発病しやすいといわれています。金魚の場合もそうなのですが、できればヒーターとサーモスタットを使って、一定の温度(たとえば25度)に保ってやるといいでしょう。治療には水がグリーンになるにグリーンFを使いますが、その治療までの期間はその病気の程度によっても違ってきます。また合わせて塩を使うと、効果的といわれています。水換えなどを適時合わせて実行すると、治癒までの期間は短縮できるでしょう。また内出血を伴なうような金魚の病気に関しては、黄色く色づくような魚病薬の投与や、塩水浴が措置として適切といえます。改善がみられないようであれば、水換え後再び同様な措置をとるといいでしょう。またエロモナス症などの治療には観賞魚用パラザンDが効果があるといわれます。また措置をしている容器に関しても、できるだけ金魚にとってストレスを与えないようなフィルターなどの機器をセットしてあげるといいかもしれません。