「PETPET」ペット相談Q&A:熱帯魚の相談:詳細

  ペット相談Q&Aについて
このページでは、ペットについての相談とその回答を探すことができます。簡易的なお答えですので必要と判断されましたら適切な動物病院等で受診してください。 実際に動物病院等などを受診する際も、治療方法やお薬の内容等、担当の医師によく相談・確認するようにお願い致します。 お近くの動物病院をお探しの場合はこちらから検索もできます。
その他のペット種類

上部フィルターの正しい使い方について教えてください。
市販の60cm水槽セットなどに組み込まれていることから、最も普及していると思われる上部フィルターですが、正しい使い方をしている人はなかなかいないものです。ろ過槽の部分にウールマットを入れて使用するというのが一般的ですが、これでは上部フィルターの能力を最大限に利用しているとはいえません。上部フィルターには大きなゴミを濾し取る物理ろ過と、有害なアンモニアを無害化する生物ろ過の二つの側面があります。ろ過槽に入れられたウールマットは、その両方の役割を同時に行うことになります。この場合、物理ろ過の働きでウールマットが汚れてくれば、当然ウールマットの洗浄、交換を行わなければなりません。このとき、ウールマットの生物ろ過能力は著しく低下することになるのです。生物ろ過の最重要ポイントは、いかに安定して生物ろ過を行わせるか、いい換えれば生物ろ過を行っている場所の掃除や交換を、できるだけ少なくすることにあります。したがって上部フィルターに限らずすべてのフィルターで、物理ろ過と生物ろ過は別の場所で行われることが好ましいのです。具体的には、上部フィルターのろ過槽には生物ろ過用のろ材を入れ、上部フィルターの吸水口の部分にスポンジフィルターなどを取り付け、ここで物理ろ過を行わせるようにすれば、上部フィルターの機能は格段とアップします。このときスポンジフィルター部分は物理ろ過用と割り切り、できる限り頻繁に洗浄、交換を行うのがポイントです。