「PETPET」ペット相談Q&A:海水魚の相談:詳細

  ペット相談Q&Aについて
このページでは、ペットについての相談とその回答を探すことができます。簡易的なお答えですので必要と判断されましたら適切な動物病院等で受診してください。 実際に動物病院等などを受診する際も、治療方法やお薬の内容等、担当の医師によく相談・確認するようにお願い致します。 お近くの動物病院をお探しの場合はこちらから検索もできます。
その他のペット種類

120cm水槽に、デバ7匹・コバルト1匹・クマノミ2匹・ナンヨウハギ1匹・キイロハギ1匹・シテンヤッコ1匹・ホンソメワケベラ1匹・おやびっちゃ1匹・サザナミハゼのペアがいます。上部・外部フィルターを使用しています。サザナミハゼのペアの1匹だけが、全然エサを食べません。2週間くらいになります。もう1匹は食欲旺盛です。ショップでは、内臓疾患かもしれないといわれました。何か良い治療や、対処法があったら、教えて下さい。このままでは、死んでしまいます。また、新しく魚を買ってくると、必ず白点病が出るのですが、硫酸銅は恐くて使えず、マラカイトを使って、水温を29度に上げますが、なかなか治りません。どうしたらよいでしょうか?普段の管理法も教えて下さい。殺菌灯、殺菌筒、殺菌マットも使用してます。
殺菌灯などかなり周辺機器も整っており、水槽にも余裕があり、フィルターも問題ないようですが、他の魚が餌を盛んに食べており、このサザナミハゼだけが餌を食べないのであれば、ショップの方がいわれるように魚自体に問題があることが考えられます。ハゼの仲間は、一般に海水魚の仲間の中でも丈夫といわれており、比較的餌もよく口にするため、飼いやすいもののひとつです。拒食の原因は特定できませんが、できるだけ好適な環境を整えてやり(水換えなどの実行など)、嗜好性の高い餌を与えることを試されることをお勧めいたします。現在何を与えているのかわかりませんが、アサリのミンチやむきエビのミンチ、冷凍のブラインシュリンプや匂いの強いクリルなどを砕いたものなどです。新しく魚を導入すると必ず白点病になるとのことですが、購入に際して専門店でしっかりと薬浴させたものを入手すれば、そうした恐れはなくなると考えます。またシステム内に殺菌灯が組み込まれているので、基本的には有害な菌は死滅しているはずです。ただしランプが古かったり、ランプに対して流れる水量が多いと、しっかりと殺菌効果が現われないことがあります。無脊椎動物を飼育していない、かつ今後飼育の予定がない場合は、硫酸銅の投与は白点病の治療には有効的な方法といえます。専門店などで使用法を指導してもらい使ってみると、白点病の治療に効果的でしょう。