「PETPET」ペット相談Q&A:海水魚の相談:詳細

  ペット相談Q&Aについて
このページでは、ペットについての相談とその回答を探すことができます。簡易的なお答えですので必要と判断されましたら適切な動物病院等で受診してください。 実際に動物病院等などを受診する際も、治療方法やお薬の内容等、担当の医師によく相談・確認するようにお願い致します。 お近くの動物病院をお探しの場合はこちらから検索もできます。
その他のペット種類

他の魚の寄生虫を食べる魚がいると聞きました。本当ですか?
日本に分布するホンソメワケベラをはじめ、クリーナー・ラスと呼ばれる種類のベラの仲間は、いずれも他の魚の体表についた寄生虫を掃除する魚として知られています。ホンソメワケベラは淡青色の地色に太い縦縞が入る細長い10cmほどの魚で、インド洋から中・西部太平洋に分布します。この仲間は独特の泳ぎ方をして、他の魚からクリーナーとして認知されており、たとえ肉食魚であったとしても、彼らを食べることはありません。海中では彼らの生息する辺りはクリーニング・ステーションと呼ばれ、多くの魚が体表を掃除してもらうために集まってきます。このベラが掃除を受ける魚にまとわりつくと、クリーニングを受ける魚はヒレやエラぶたを広げて気持ちよさそうに掃除を受けます。もちろんクリーナーはそうした寄生虫を餌として利用しており、お互いに役に立っているわけです。またこのホンソメワケベラに擬態する魚として、うりふたつのニセクロスジギンポが知られており、このギンポの仲間はホンソメワケベラの振りをして他の魚に近づき、鋭い歯で表皮をかじることが知られています。さてホンソメワケベラは、ポピュラーな海水魚のひとつでよく目にしますが、飼育にあたっては非常に運動量が多い種類といえるので、まめな給餌が必要になります。餌としてはブラインシュリンプや乾燥オキアミを砕いて与えます。また人工飼料にも餌付けることが可能です。ただ狭い水槽で他の魚と飼育すると、クリーニングを嫌がる面があります。ハワイアン・クリーナーラス、レッドリップ・クリーナーラス、レッドシー・クリーナーラスなどはこのベラの類似種といえるでしょう。またカリブ海他大西洋に分布するネオン・ゴビーのグループも、クリーナー・フィッシュとして知られます。