「PETPET」ペット相談Q&A:ネコの相談:詳細

  ペット相談Q&Aについて
このページでは、ペットについての相談とその回答を探すことができます。簡易的なお答えですので必要と判断されましたら適切な動物病院等で受診してください。 実際に動物病院等などを受診する際も、治療方法やお薬の内容等、担当の医師によく相談・確認するようにお願い致します。 お近くの動物病院をお探しの場合はこちらから検索もできます。
その他のペット種類

5歳になるゴールデンペルシャです。とにかくブラッシングが大嫌いで、毛玉がいっぱいです。軽く無駄毛をとるくらいのブラッシングならさせてくれますが、それでは間に合わず絶えず毛玉に悩まされています。どうしたらよいでしょうか?手でほぐしてはいても追いつきません。先日など噛まれて大出血しました。獣医さんで睡眠薬の注射をして毛玉を梳かすのはどんなものでしょうか?
猫のブラッシングに関しては、仔猫の頃からやりつけていく必要があるといわれています。特に長毛の猫では、1日に1回から数回ブラッシングするのが手入れの基本です。すでに5歳になる猫であり、これからその性質を変えるというのもなかなか難しいものと考えます。とはいえこの毛玉は皮膚病の元になったり、寄生虫などの温床になったりもします。かまれて大出血というのも問題はありますが、少しずつでもブラッシングの時間を作りこのグルーミングの作業に慣らす必要があるといえるでしょう。猫がブラッシングを嫌がるのは、ブラッシングの際に皮膚に負担がかかるためといわれています。つまり痛いわけです。こうした負担をかけないように、ブラッシングも工夫してやりたいものです。また寒くなる前に関しては、獣医師に相談して毛を刈り込んでやるのもひとつの方法かも知れません。