「PETPET」ペット相談Q&A:イヌの相談:詳細

  ペット相談Q&Aについて
このページでは、ペットについての相談とその回答を探すことができます。簡易的なお答えですので必要と判断されましたら適切な動物病院等で受診してください。 実際に動物病院等などを受診する際も、治療方法やお薬の内容等、担当の医師によく相談・確認するようにお願い致します。 お近くの動物病院をお探しの場合はこちらから検索もできます。
その他のペット種類

M・ダックスのオス、1歳2ヵ月を飼育していますが、ケージやキャリーケースに入れると、そこから出すまで吠えたりクンクン泣いたりしています。あまりにひどいので無視しつづける方法をとっていますが、夜中にも出してくれるまで執念深く騒ぎます。どうしたら、改善しできるでしょうか?
この場合いえるのは、犬への服従訓練が徹底してできていなかったことはいえると思います。今後の育て方の部分では、服従訓練などのしつけが十分に実行していくことが必要だと思います。特に興奮しやすいタイプの犬では、なおさらといえるでしょう。こうした飼い主のいうことをきけないということは、多少なりとも権勢症候群が現われている部分があると考えます。つまり犬との関係がしっかりできていないのです。まず普段から犬と一緒に遊ぶ時間を増やし、飼い主といると楽しいという体験をさせるようにしてください。そして基本的な犬のしつけを、しっかりと行います。しつけることによって、犬は飼い主のいうことを理解することができるようになるといえます。まず最初の認識として、飼い主であるあなたがリーダーであり、犬はリーダーのいいつけに絶対したがう、服従者であることを徹底してください。き然とした態度で犬に接することが重要です。犬は思っている以上に、人間の心がお見通しです。いうことをきかなかったらしかる、それを徹底することです。色々なしつけと共にこうした飼い主のいうことをきけないということも矯正する必要があるでしょう。普段はかわいさのあまり甘やかしていると質問にもあるように、飼い主を含めたグループの中で、犬が一番偉いと思い込んでしまっているため、自分の方が偉いのに何で怒るという態度を示しています。犬は生後1年くらいまでに、色々なことを学習しながら、その性格を形成していきます。そうした時期に甘やかせた場合、飼い主と犬という関係がまったくできません。可愛がることと、甘やかすことは根本的に違います。特にケージに入れられ出して欲しくて問題行動をとるといったことに対して、最終的に根負けして出してやるという対処をしていると、それは必ず癖として犬に身につきます。またあるときは出したり、あるときは出さなかったりと中途半端な対処をしていると、犬は飼い主に対して不信感を抱きます。信頼関係を作ると同時に、徹底した訓練が必要かと思います。そのためにはしつけ教室などの利用なども視野に入れてみるといいかもしれません。