「PETPET」ペット相談Q&A:イヌの相談:詳細

  ペット相談Q&Aについて
このページでは、ペットについての相談とその回答を探すことができます。簡易的なお答えですので必要と判断されましたら適切な動物病院等で受診してください。 実際に動物病院等などを受診する際も、治療方法やお薬の内容等、担当の医師によく相談・確認するようにお願い致します。 お近くの動物病院をお探しの場合はこちらから検索もできます。
その他のペット種類

1歳8ヵ月になるラブラドールのメスです。しつけ教室を受けてコマンドはある程度覚えていてできるのですが、散歩中に遊んでいるときにわざと「いけないこと」をします。というのは、グランドでフリスビーの練習をするのですが、リードは付けていてもリードから手を離してある程度自由に走り回れるようにしているときに、必ずではないのですが、突然全然違う所に走っていって、そこに落ちている木の枝や紙くず、それがなければ泥などを口に入れて「ここまでおいで」といわんばかりに走り回るのです。無視して落ち着くまで放っておこうものなら、口に入れたものを噛みながら走り回ります。きっとそれを大声でしかって追いかけている私を、一緒に遊んでいると思っているのではないかと思うのですが。あまり度が過ぎる時は、その後捕まえてからしばらく声もかけずにいると淋しそうにしています。悪気がないのはわかっているのですが、ケガや病気が心配です。どう対処すればいいでしょうか。
育て方の部分で、服従訓練などのしつけが十分にできていないことが考えられます。特に興奮しやすいこういうタイプの犬では、なおさらといえます。飼い主のいうことをきけないというのは、多少なりとも権勢症候群が現われている部分はあると考えます。つまり犬との関係が十分にできていないのです。この場合、無理にいうことをきかせようとすると、逆効果になります。まず大切なことは、無用なアクシデントを防ぐ意味でも、グランドなどの公共の場ではリードを離さないようにします。グランドを訪れている人は、すべての人が犬好きというわけではないからです。そして普段から犬と一緒に遊ぶ時間を増やし、飼い主といると楽しいという体験をさせるようにしてください。そうして服従の訓練をしていきますが、それは根気よく実行する必要はあるでしょう。座って待つ、伏せて待つ、呼べばくる、といった訓練になりますが、それができた上で初めて場所を選んでリードなしで遊ぶようにできるといえるでしょう。呼べばくるといった訓練はロングリードと呼ばれる引き綱を使って行いますが、「こい」と飼い主がいったら、どんな状態でも犬がくるように訓練します。つまり飼い主のいうことをしっかりと理解させ、それに見合った楽しみを犬に与える必要があるといえるでしょう。犬にとってあらゆる誘惑があっても、飼い主のいうことが絶対であることが、服従訓練の基本になります。