「PETPET」ペット相談Q&A:イヌの相談:詳細

  ペット相談Q&Aについて
このページでは、ペットについての相談とその回答を探すことができます。簡易的なお答えですので必要と判断されましたら適切な動物病院等で受診してください。 実際に動物病院等などを受診する際も、治療方法やお薬の内容等、担当の医師によく相談・確認するようにお願い致します。 お近くの動物病院をお探しの場合はこちらから検索もできます。
その他のペット種類

製薬会社で動物実験に使われていたビーグルなのですが、声帯を切られていて声がでません。10ヵ月時に譲り受けました。今お座りを覚えたところで、普段母がめんどうみています。最初可哀想な子だからと結構甘やかしていたと思いますが、ずっと構って遊んでやらないとおもらししたり、本や靴をかじったり悪さばかりして、完全に無視したらといっているんですが、無視してると走り回って自分の座布団をかじったり悪さします。それでも無視してるといいですか?吠えて訴える事できないせいか、思い通りにいかないと体当たりしたり母を噛むんですが叱っていいでしょうか?途中からの飼育は難しく、まして誉められる事も知らない子でした。トイレの躾も叱らないで無視して片付けてトイレでしたら誉めて教えているそうですが、なかなかうまくできません。
確かに少し違った境遇を過ごしたビーグルのため、その成長段階で人に対して色々な不信感を持っている可能性は十分に考えられると思います。そのためその不信感を払拭するまでには、かなりの期間が必要かとも考えます。また仔犬の場合好奇心も強く、目に触れたものはなんでも噛んだり食べたりして、感触などを憶えていくといいます。方法としては仔犬にとって危険のない、犬ゴムのようなかじって遊ぶおもちゃのようなものを、用意してやるのもいいかもしれません。ある程度環境になれて犬自体が安定してきたら、噛み癖のしつけをします。犬は生後1年まではこの噛むこと以外にも色々なことを学習しながら、性格を作っていきます。この時期に甘えて噛んでいい強さの程度や、噛んではいけないものなどを、きちんと教えてしまわなければなりません。もちろん他の犬に噛み付くということも問題行動のひとつです。放っておくと、噛むことをしていいことと認識し、飼い主と犬との関係が形成されず、犬が自分が一番強いと認識し、そのバランスがくるってしまうこともあります。強く噛んではいけないことを、認識させる必要はあるでしょう。強く噛んできたときは、噛まれている指を引っ込めずに、逆に犬の口の中(それも奥の方)に突っ込みます。こうすることで、犬は嫌がって顔をそむけます。あまがみで強く噛まれたときは、これを繰り返して行い、あまがみしていい程度を教えます。また噛まれた時に口を押さえ、静かになるまで押さえるという方法もあります。そして静かになったら十分に犬をほめてやります。さらに犬のタイプによっては完全に無視をする方法もあります。ケージなどに入れて放っておきます。鳴いても相手をしません。こうして無視されるというのは、犬にとってはかなり効果的な場合もあります。ただし、こうしたしつけは相当根気のいる作業です。ケージなどで管理するなどして、飼育者は少しかまわないようにし、ここで暮らすことが安全なのだということをまず認識させるといいでしょう。