「PETPET」ペット相談Q&A:イヌの相談:詳細

  ペット相談Q&Aについて
このページでは、ペットについての相談とその回答を探すことができます。簡易的なお答えですので必要と判断されましたら適切な動物病院等で受診してください。 実際に動物病院等などを受診する際も、治療方法やお薬の内容等、担当の医師によく相談・確認するようにお願い致します。 お近くの動物病院をお探しの場合はこちらから検索もできます。
その他のペット種類

ゴールデンレトリーバーの8ヵ月のメスです。散歩の最中にリードに噛みついて離そうとしなかったり、それを阻止しようとする私に跳びつきます(跳びついて噛みつく)。散歩中ずっとというのではなく、おとなしく横を歩いている時間の方が長いのですが、ここ最近必ず散歩中にそれが、始まります。まだ子犬とはいえ大きいので、その度に格闘になり、叱り口輪をしたり、マズルを押さえこんだりしていますが、なかなか治まらずに毎日散歩が憂鬱です。いろいろ思考錯誤しながらやってきましたが、このような場合どうしたらよいか教えて下さい(叱る時にひっくり返し服従のポーズもとらせてはいます)。
色々なしつけと共にこのリードをくわえようとする、あるいは跳びつくという癖も矯正する必要があります。リードを取ろうとするのは、おそらくは自由になりたいという要求からだと思います。またいわゆる犬が自分が一番偉いと思い込む、権勢症候群が現われ始めていることがうかがわれます。つまり、自分が自由に生きたい方向に行く、という意思が現われているようです。もちろんとびつくことに関しては叱るようにします。このゴールデンなどの大型の犬種ではなおさらです。とびつくことがいけないことだということを、認識させる必要があります。とびつきそうになったら「スワレ」と指示をして、それに従ったらほめるということを繰り返します。これにより、犬はとびつかずに座っているとほめられると認識します。この地道な訓練により、必ずこうした癖は矯正できるはずです。1度オスワりをしてから散歩をはじめるという癖をつけるといいでしょう。「スワレ」の指示を出して犬の興奮をいったん抑え、落ち着いたのを確認した後散歩に連れ出すようにするといいでしょう。色々な問題行動を起こさないためにも、散歩にあたって興奮している犬を十分に落ち着かせてから行うことが必要です。スワレ、あるいはマテといったしつけをしっかりと行うことで、散歩もスムーズにできるようになってくるでしょう。飼い主が方向を変えても犬は左につくよう教え、犬が自分の行きたい方向に進もうとしたときは、リードにテンションを加えて飼い主の側えと引き戻すようにします。いずれにせよ、まず飼い主と犬という関係をしっかりと作り直すことからはじめてください。犬に対してき然とした態度で臨むことが必要です。