「PETPET」ペット相談Q&A:イヌの相談:詳細

  ペット相談Q&Aについて
このページでは、ペットについての相談とその回答を探すことができます。簡易的なお答えですので必要と判断されましたら適切な動物病院等で受診してください。 実際に動物病院等などを受診する際も、治療方法やお薬の内容等、担当の医師によく相談・確認するようにお願い致します。 お近くの動物病院をお探しの場合はこちらから検索もできます。
その他のペット種類

今度小さい頃にヘルニアに患った、Mダックスを里子に迎えることになりました。飼い主さんからは過「度の運動をさせなければ大丈夫」といわれましたが、再発する可能性は高いのでしょうか?また普段気をつけることや、させてはいけないことがあったら教えてください。また先住犬もおります。その子たちと遊ばせることも、控えたほうがいいでしょうか?
ダックスフンドなど胴が長く足が短い犬種に関してかかりやすい病気が椎間板ヘルニアです。もとの飼い主がいうように、過度の運動は禁物といえるでしょう。またこの症状は、肥満に伴なって悪化する面があります。体重の増加に伴ない背骨を傷める可能性があり、椎間板ヘルニアなどが出やすいのも事実です。与える餌の量に十分配慮し、無理のない適度な運動によりカロリーを消化するようにするといいでしょう。もともとダックス自体活動的で、スタミナも十分あります。その点で負担がかからないように留意してあげてください。特にジャンプなどの運動は脊椎に負担をかけるので、その点に注意して下さい。健康な先住犬であれば、ふざけすぎたり、遊びすぎたりするのも禁物と思います。それ以前に、まずお互いがテリトリーを共有できるように慣らす必要もあるでしょう。こうした点で心配が残るようであれば、かかりつけの獣医師に相談なさることをお勧めいたします。