「PETPET」ペット相談Q&A:イヌの相談:詳細

  ペット相談Q&Aについて
このページでは、ペットについての相談とその回答を探すことができます。簡易的なお答えですので必要と判断されましたら適切な動物病院等で受診してください。 実際に動物病院等などを受診する際も、治療方法やお薬の内容等、担当の医師によく相談・確認するようにお願い致します。 お近くの動物病院をお探しの場合はこちらから検索もできます。
その他のペット種類

もうすぐ5歳になるオスのキャバリアですが、食事のときに遊び食いをします。以前何かで読んだことのある、食べなければ食事を下げる、ということを実践していました。今では「下げる」という言葉にかなり敏感で、本当に下げようとすると「ウ〜」といって唸り、噛もうとします。実際に噛まれたこともあり、本気になって噛むのです。やはり権威性症候群なのでしょうか?おびえているようにも見えるのですが…。
すでに5歳になっている犬なので、この時期の問題行動に関しては十分なしつけや訓練ができていないことはいえることと考えます。遊び食いで餌を下げようとしようとすると唸るというあたりからも、犬が自分の方が偉いと考えている、権勢症候群の傾向が感じられます。俺の餌をどうしてというポーズだと考えます。噛むというのも問題行動です。少し興奮しやすいたちの、キャバリアのようです。しかしそうした犬のしつけは、飼い主がしっかりと行わなければなりません。それは自然に身についていくものではないからです。興奮しやすい犬だからといって、食事の際に唸る、噛む、といったことはしっかりしつけることができるのです。まず最初の認識として、飼い主であるあなたが主人であり、犬はそのいいつけに絶対したがう、服従者であることを徹底してください。き然とした態度で犬に接することが重要です。犬は甘やかせば必ずそうした癖がつきます。犬は思っている以上に、人間の心がお見通しです。5歳になった犬でも、今後そうしたことを徹底することで、十分矯正することは可能だと考えます。それを行わなかった場合、そうした行動はますますエスカレートしていきます。食事を守るという監守本能の強い犬は、特にそうした傾向が強いようです。そういう癖を矯正するには、餌を一度にすべて与えるのではなく、一口ずつ与えるという方法も効果的とされています。このとき犬とは目は合わせないようにします。目が合うと犬の攻撃性を高めます。この一口ずつ与えるという作業を根気よく続けることで、犬は飼い主であるあなたを、リーダーとして認識するようになるはずです。また興奮しやすい犬の場合、その心理状態をコントロールできるようにしておくにこしたことはありません。そうした犬では多少クールに接するのが有効とされています。ペットのしつけに関する書籍も発刊されていますので、参考にされればと思います。