ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
81~90(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【真っ白なフクロウ、シロフクロウ。】
その名の通り、全身がまっ白なシロフクロウ。これは彼らが雪に被われるような環境に暮らすことに由来している。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【シカというにはあまりにも小さい、マメジカ】
体長40センチメートル、体重2キログラム程度。この小さな動物が、シカという名前をもっているといったら、驚かれるだろうか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【マンモスは巨大なモグラ?】
マンモスといえば、とかく大きさを表現するために使われるフシのある単語でもある。実際のところ彼らが地球上で暮らしていたのは、更新性時代の後期にあたる氷河期の話。ふさふさした長い被毛に全身を覆われ、大きく弧を描くように曲がった巨大な牙が特徴的な、ゾウの祖先に当たる動物である。そして今日でも保存状態のよい彼らの亡骸が、凍土の中から発見されている。おりしも愛知万博の開催とともに、最新の調査内容が展示されているという。ところでこのマンモス、その素性を知らない当時の現地の人たちの間では巨大なモグラと考えられていたようだ。みつかるのが地中からで、発見されるものがすべて死んでいたことに起因しているようである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ハゲワシはなんてあつかましいの?】
サバンナなどを紹介するTVなどで必ず登場するのがハゲワシ。頭が禿げ上がった醜悪な外見もさることながら死肉のみを食べると言うところも嫌われ者になる要素充分。しかも、百獣の王ライオン様のお食事中にわらわらと群がってきて、ライオン様が追い払おうとしてもほんの数m飛び下がるだけ。この横着さがこれまた憎らしいと言う人も多いのでは?ところでハゲワシはほんとに横着なのだろうか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【上空から獲物を見据えるハンター。】
名前の通り、茶褐色の体にまっ白な頭部をもっているのがハクトウワシである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【美しい甲羅をもつウミガメ、タイマイ】
海で暮らす数少ない爬虫類、ウミガメ。世界の海にはウミガメの仲間が、オサガメ科1種、ウミガメ科7種の計8種類が存在している。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ユニークな姿をした有袋類、クスクス。】
「クスクス」という動物がいるのをご存知だろうか?名前からしてユニークな動物だが、実にその姿も独特といえるだろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【美しく着飾るフウチョウ。】
フウチョウという種類の鳥がいる。いずれもオスはゴージャスな装いをもった種類で、またの名をゴクラクチョウ(極楽鳥)ともいう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【棘のあるお父さんの、子育ての季節。】
背ビレや腹ビレの棘が目立つことから、トゲウオの名前があるハリヨ。ハリヨは一般に産みっぱなしの多い魚たちの中で、なかなかの子煩悩ぶりを発揮する。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【一般に公開されたツシマヤマネコ。】
日本に生息する野生のネコは2種類である。沖縄の西表島に生息するイリオモテヤマネコと、長崎県の対馬に生息するツシマヤマネコだ。このツシマヤマネコが対馬の野生生物保護センターで一般公開された。こうして一般に公開することで、ツシマヤマネコへの関心や環境保護といった意識を高めるのがねらいのようである。ツシマヤマネコは、現在その推定生息数は多くて90頭前後といわれている。彼らの保護には生息地の保護のみならず、人々の関心も当然必要なわけだ。2種類だけが日本に生息している野生のネコ。この一般公開を期に、その存在や貴重な動物の保護に関心がむけられればいいことだともいえるだろう。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
81~90(247件中)