ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
71~80(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【「オカピ」とは、森の馬。】
キリンと共通の祖先をもつ動物に、オカピがいる。発見当初彼らは馬の仲間とされたが、その特徴から実はキリンの仲間であることが判明した。20世紀最初の大型哺乳類の発見として、当時はかなりのセンセーションを巻き起こしたようである。彼らの独特の四肢の模様は森林に紛れる効果とともに、子供にとっては母親を認識するための役割があるとも考えられている。キリンの仲間のオカピだが、その名前は現地人の言葉で「森の馬」を意味するようだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【絶滅した巨大有袋類 ディプロトドン。】
コアラやカンガルーなど、有袋類の大陸として知られているのがオーストラリア。その昔、そこには体長が3メートルもあった有袋類が暮らしていた。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【本を執筆する犬?】
写真のイングリッシュ・スプリンガ−・スパニエルと言う犬はもともとはイギリスの鳥猟犬。でも、この中の1頭はとてつもなく賢いらしく本を執筆してベストセラー作家になったと言う。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【樹上で暮らす、風変わりなカンガルーの仲間。】
発達した後肢に短い前肢。長く伸びた尾っぽを使ってしっかりと直立するようにたたずむカンガルーは、コアラと並んでオーストラリアで代表的な動物だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ロストワールドに暮らすコモドオオトカゲ。】
インドネシアの洋上の島コモド島。この世界遺産にも登録されたその島に、恐竜の子孫たちが暮らしている。世界最大のトカゲ、コモドドラゴンだ。最大のもので3メートル以上、重さも100キロに達するといわれる。その昔この辺は、交通の便も悪く、それゆえ正体不明の巨大な生物として、恐れられていたという話も残されている。現代によみがえった恐竜ともいえるコモドオオトカゲ。見かけによらず、その動きはすばやいともいう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ナマケグマはなまけ者か?】
生きることになまける動物っているのだろうか?なまけたらそれなりのしっぺ返しがありそうな気がする。しかしそうしたニュアンスの名前をもった動物は存在する。ナマケグマもそのひとつだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【日本の近海で暮らしていた、アシカたちの話。】
動物園や水族館で見かけるアシカ。でも数十年前までは、日本の近海でも目撃することができました。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【巣を下向きに作る鳥、ハタオリドリ。】
ハタオリドリはその名前にあるように、機(ハタ)を織るように立派な巣をつくる、巣作りの得意な鳥です。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ダイビングが得意なウミイグアナ。】
限られた環境にしかみられない生物を固有種というが、そうした生物が多いことで有名な地域のひとつがガラパゴス諸島である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【月の砂漠を旅するラクダ。「砂漠の船」と呼ばれる体は、過酷な環境によく適応している】
猛烈な砂漠という環境を行くキャラバン隊といえば、トレードマークといってもいいのがラクダの存在である。コブがひとつのヒトコブラクダ、二つあるフタコブラクダが知られているが、少しの水と食べ物だけで重い荷物を背負って、1日100㎞もの移動が可能だ。その秘密は背中のコブ。昔は水がつまっているとかいわれてきたが、現在では脂肪がつまっていることは広く知られるようになった。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
71~80(247件中)