ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
71~80(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【人々の努力により、その数を増やすアホウドリ。】
北半球では最大級の海鳥、アホウドリ。翼を広げると2.4mという大きさになる。しかしその大きな体が災いして、地上での動きは非常に鈍く、すぐに飛び立つことができない。そのため簡単に捕らえられ、羽毛採取のために何百万羽という数のアホウドリが捕獲され、絶滅の危機に瀕したという経緯がある。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【赤ら顔の奥アマゾンの長老、ハゲウアカリ。】
禿げ上がった赤い顔に、蓑のような被毛。1度その姿をみたら忘れないほどのインパクトをもったいでたちの、ハゲウアカリだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【角のあるカメレオン。】
吻部に1本、両目の間に2本、前方に向けて合計3本の角を備えた、なんとも強そうなカメレオンがジャクソンカメレオンである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【鱗で武装した哺乳類、センザンコウ】
鉄壁の備えともいえる亀甲に守られた体で移動する姿は、大昔の地球を闊歩していた生物をも連想させる。その生き物はセンザンコウ。もちろん恐竜の生き残りというわけではなく、れっきとした哺乳類だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【アジの仲間、ルックダウン。】
日本人にとってなじみの深い魚のひとつでもあるアジ。生のままたたきにして食べるほか、塩焼きにしたり干物にしたりして、なにかと食卓にのぼることの多い海の魚だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【キリギリスだって一生懸命】
コロコロチリチリと虫たちの声の聞こえる季節になりましたね。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【真っ白なフクロウ、シロフクロウ。】
その名の通り、全身がまっ白なシロフクロウ。これは彼らが雪に被われるような環境に暮らすことに由来している。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【「オカピ」とは、森の馬。】
キリンと共通の祖先をもつ動物に、オカピがいる。発見当初彼らは馬の仲間とされたが、その特徴から実はキリンの仲間であることが判明した。20世紀最初の大型哺乳類の発見として、当時はかなりのセンセーションを巻き起こしたようである。彼らの独特の四肢の模様は森林に紛れる効果とともに、子供にとっては母親を認識するための役割があるとも考えられている。キリンの仲間のオカピだが、その名前は現地人の言葉で「森の馬」を意味するようだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【どんどん小さく育つカエル。】
この世に生を受けたものは、人間に限らずおよそ成長しながら育っていくものだ。程度の違いこそあれ、成長を続ける限り体は大きくなっていくのが普通である。しかし、そうした概念が通用しない生物もいる。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【人間とネコ。】
人間とネコとのかかわり合いが、どうやらさらに長いものである証拠が発見されたようだ。これまでは古代エジプト時代にその根拠が見出されていたが、今回の発見により、さらに5000年以上もさかのぼるものになるという。時代は新石器時代のキプロス島の遺跡で、埋葬された人の骨の傍らでネコの全身骨格がみつかったというものである。もともとこの島には、野生のネコ科の動物はいないという。つまりそれは人によりもち込まれた可能性があるというわけだ。人と猫とのかかわり合いは、この発見により9500年前までさかのぼるという。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
71~80(247件中)