ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
71~80(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【北海道に棲んでるけどトウキョウトガリネズミ?!】
体長5センチメートル、体重は2グラムほど。最小の哺乳類のひとつともいわれるのが、トウキョウトガリネズミである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【タンチョウヅル】
タンチョウを含めたツルの仲間は、わが国で繁殖している鳥の中でも、最大なもののひとつである。ペアが向き合いながら飛んだり跳ねたりし、甲高い声で鳴きあう求愛のダンスも有名だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【マンモスは巨大なモグラ?】
マンモスといえば、とかく大きさを表現するために使われるフシのある単語でもある。実際のところ彼らが地球上で暮らしていたのは、更新性時代の後期にあたる氷河期の話。ふさふさした長い被毛に全身を覆われ、大きく弧を描くように曲がった巨大な牙が特徴的な、ゾウの祖先に当たる動物である。そして今日でも保存状態のよい彼らの亡骸が、凍土の中から発見されている。おりしも愛知万博の開催とともに、最新の調査内容が展示されているという。ところでこのマンモス、その素性を知らない当時の現地の人たちの間では巨大なモグラと考えられていたようだ。みつかるのが地中からで、発見されるものがすべて死んでいたことに起因しているようである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【スカンクの強力な武器】
スカンクといってまず思い浮かぶのが、ユニークな敵の撃退法である。肛門付近から強烈な匂いのする噴射物の一撃を食らわし、敵を退散させるというものだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【高山に棲むライチョウ】
高い山に暮らすライチョウ。彼らの姿は夏と冬で大きく変化するので有名である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【無数にいた鳥が、1羽もいなくなった時。】
かつては北アメリカ東部に無数にいたとされているカロライナインコ。しかし今日その姿をみることはない。絶滅してしまったためである。それも環境の悪化というよりも、人間の捕獲による面が大きいようだ。インコやオウムといった鳥は果実などを餌にしているため、暖かい地方を中心に分布している。北アメリカにいたカロライナインコはそうした意味で珍しい存在だったが、餌はやはり果実だった。そのため果樹園を営んでいる人々にとって、まず害鳥とされた。食肉や羽飾りにするために、猟銃でひたすら捕獲されていった。そしてついには飼育されていたインコが他界するのと同時に、この地球上から1羽もいなくなってしまったのである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ペンギンは、海中ではばたく】
さまざまなキャラクターが登場し、みんなから愛されている飛べない鳥ペンギン。南極の周辺という寒い地域に分布して、その環境に適応して暮らしている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【デンキナマズでしびれちゃったお話】
熱帯魚屋さんに行けば、その姿を見かけることは決して難しくないデンキナマズ。ころころして結構かわいらしい外見だけど、ほんとに発電するのかな?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【手乗りのブタさん??】
写真の動物は、なんだかとっても小さなブタさんみたいですね。でもこれ、本当はモルモットなんです。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【大河に暮らすイルカ。】
南米大陸を流れる大河アマゾン。川というには、あまりに大きな存在といえるだろう。見渡す限りの水の広がりは、まさに海をも彷彿とさせる。そんなアマゾン川に生息しているのが、コビトイルカの仲間たちである。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
71~80(247件中)