ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
61~70(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【大空を滑空するカエル?】
カエルが“飛ぶ”といっても、誰も驚かないだろう。カエルは跳ぶものだからだ。でも、“跳ぶ”のではなく文字通り空中を“飛ぶ”のだとしたら??

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ネコの集会】
“ネコの集会”と呼ばれる、ネコの集まりを知っていますか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ネコ科のハンター、カラカル。】
ペットのネコにしても、動作は俊敏で感覚がいい。野生のネコの仲間はどうだろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ボルネオで発見された、新種のゾウ。】
最近の飛躍的な科学の進歩に、生物の遺伝情報DNA解析技術の発達である。その結果として種の判別が、さらに確実になったともいえる。ボルネオ島に生息する小型のアジアゾウが、新たに新種として発表された。方法としてはそのゾウのフンを集めて大学に依頼し、DNAを判定、近隣国に分布するアジアゾウのものと比較するという方法だったようである。その結果周辺諸国にすむアジアゾウとは、かなり古い時代に分かれた種類という結論がだされたようだ。技術の進歩に伴う新種の発見。今の時代に大型の哺乳類の新種がみつかったというのには、そうした背景があったのである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【山の神への供物になる魚】
日本の海辺の中でも、かなり特殊な環境の有明海。ムツゴロウというハゼの仲間が特に有名だが、「山の神様」の機嫌を損ねた魚が暮らしているという。その名もずばりヤマノカミ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【もともと“ペンギン”という名前だったオオウミガラス。】
すでに地球上からは絶滅してしまった鳥、オオウミガラス。かつて北半球の大西洋に生息していた、いわゆる飛べない鳥の仲間である。全長80cm、体重5㎏に達したという大型の海鳥だが、空を飛ぶための翼は退化し、その翼を使って水中を飛ぶように泳いでいた。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ウサギの名前がついたワラビーは、体もノウサギ色だった。】
かつてオーストラリア南東部に生息していたという、その名も“ウサギワラビー”。地上性の小型のワラビーで、かつては草原に普通に暮らしていた有袋類だったという。小型で耳が長く、ノウサギ色をしていたところからついた名前かも知れない。しかしやはりワラビーの仲間に属すため、尾は長く、カンガルーの体つきをしている。日中は草むらで眠って過ごし、夜になると出てきて草を食べていた。その様子はウサギに似ていたようである。そんな彼らだが、やはり人による生息地の開発と、外敵の侵入によって絶滅に追い込まれたようである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【フクロモモンガは甘いものがお好き?】
写真の動物は、一見してモモンガのように見えることからその名もフクロモモンガという。でも正確にはモモンガの仲間ではなく、カンガルーやコアラと同様に有袋類の仲間になる。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【トカゲの泣き声】
犬は「ワンワン」猫は「ニャー」。じゃぁトカゲは?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【黄金色に輝くジャワ島のクワガタ。】
外国産カブトやクワガタは、日本のものとは異なる姿をしていることが多い。その姿に、子供たちはゆうにおよばず大人をも夢中にさせる。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
61~70(247件中)