ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
61~70(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【アザラシの赤ちゃん】
まっ白い体に、つぶらな瞳。アザラシの赤ちゃんといえば、数ある動物の中でも人気の高いもののひとつといえるだろう。だが、その真っ白い期間は2週間程度ととても短い。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【奄美大島に特有の鳥、ルリカケス。】
奄美大島に生息するルリカケス。全長約38cmと、カケスより大きく、ハトより小型の鳥だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ブッシュベビーの別名をもつ、ショウガラゴ。】
ショウガラゴという小さな動物がいる。スローロリスなどに類似した猿の仲間で、木などにちょこんととまった姿はとてもかわいらしい。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【200万年前の地球上に存在した、巨大なアルマジロ?】
かつて地球には実に多様な生物たちが存在していた。サーベルタイガーやマンモス、ケブカサイといった動物に関しては、かつてここでもとりあげている。今回は、体長3mにも達したという巨大なアルマジロの近縁種。グリプトドンと呼ばれる動物で、甲羅は骨質状の板が互いに結びつき、半球形のドームのような構造になっていたという。このしっかりとした甲羅に守られ、巨大な体をもつ彼らは、一時期かなり繁栄したといわれている。やがて彼らは地球上からその姿を消すが、どうやらそこには人間の影響もあったようだ。古代人が道具として使ったと思われる彼らの体の一部が、化石として発見されているようである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【魚を鷲づかみにするミサゴ。】
ミサゴは水辺に暮らすワシタカの仲間である。トビと同じぐらいの大きさだが、翼を広げると160センチあるため、かなり大きい印象を受ける。背部は暗褐色で腹面から頭部が白く、眼を横切る黒いラインが精悍な印象を与える猛禽類だ。彼らも他のワシタカ類同様の狩りを行う。ターゲットは水中の魚だ。上空を旋回しながら獲物を探し、ターゲットを捕捉すると急降下してみるみる接近する。そして脚から水中につっこみ、鋭い爪で魚をがっしりと捕まえる。文字通り鷲づかみにするのだ。その勇猛な狩りの光景は、猛禽類特有のもの。鷲づかみという表現は、まさにそのものズバリである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【民家の庭でワニが御用?】
ワニといえば今日ではその商取引が規制されて久しい動物である。多くの種類がサイテス(ワシントン条約)によりその商取引が制限され、厳重に保護されている生き物だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【動かない人気者】
頭が禿げ上がったハゲタカに、クチバシに袋をもつペリカンなど、鳥たちの姿には時々ドキッとさせられることがある。この鳥もそのひとつだろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【エビの血は何色?】
みなさんは“エビ”と言うと何を連想しますか?お寿司?天ぷら?それともモデル!?ほとんどの人は“食べるエビ”を連想すると思いますが、実はペットとして飼われている“かわいいエビ”がいるのです。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ペッカリーの受難。】
既に絶滅していると思われていた動物が、実はまだ存在していた、ということはままある。発見されてまだ三十数年チャコペッカリーもそのひとつだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【本を執筆する犬?】
写真のイングリッシュ・スプリンガ−・スパニエルと言う犬はもともとはイギリスの鳥猟犬。でも、この中の1頭はとてつもなく賢いらしく本を執筆してベストセラー作家になったと言う。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
61~70(247件中)