ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
61~70(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【絶滅したとされた鳥が生きていた?】
ハシジロキツツキは、アメリカ合衆国南東部とキューバに分布しているキツツキの仲間だ。大型のキツツキ類で、ちょうどカラスほどの大きさだとされている。このキツツキの仲間が暮らしていくためには、豊富な自然、特に森林が必要とされる。ハシジロキツツキはそうした環境の減少とともに数を減らし、1996年には絶滅したとされていた。ところが少数ではあるが、生きた彼らが視認され、2000年のレッドリストでは近絶滅種という扱いになった。とはいえ、けっして彼らの未来が明るいとはいえない。もう1度生物の絶滅という現象に関して、改めて考えてみる必要があるのではないだろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【隆起した山脈により誕生した淡水エイ。】
地球の営みは、時として生物にかなりの試練を与える。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ウシの角】
今回も、2009年の干支にちなんで、ウシのお話です。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【エゾシカの数の管理が、オオワシに与える影響。】
冬、北海道東部へとやってくるオオワシ。わが国で最大ともいってもいい、勇壮さを誇るワシタカ類である。以前彼らの餌の主流は、訪れた地域で盛んになるタラ漁のおこぼれだった。それがいつしか頭数を管理するための狩猟による、エゾシカへと変わったようである。そこで問題が生じた。猟に使われる散弾銃に含まれる、鉛の存在である。シカを食べることで体内に入る鉛で、中毒死してしまうのである。片や生息数の調整が必要なエゾシカ、そしてそれに伴う天然記念物であるオオワシの中毒死。彼らの保護にも、一貫した自然保護の精神の定着が必要といえるのではないだろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【シカというにはあまりにも小さい、マメジカ】
体長40センチメートル、体重2キログラム程度。この小さな動物が、シカという名前をもっているといったら、驚かれるだろうか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【幻になってしまった特別天然記念物。】
空想の生き物として、日本人に馴染みの深い「河童」。その元になったともいわれているのがニホンカワウソの存在である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【獲物を求めて縦横無尽、ニホンヤモリ。】
イモリとヤモリ。名前は似ているがまったく別の生物だ。イモリは水中に暮らす両生類、ヤモリは陸上に暮らす爬虫類の仲間である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【沖縄の固有種、ヤンバルクイナ】
1980年代初頭、新種の鳥として注目を集めたのがこの飛べない鳥がいる。沖縄本島の北部にだけ生息する固有種、ヤンバルクイナだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【寝るときでも、能力を発揮】
優れたバランス感覚を持つ鳥は、以外な場所でもその能力を発揮させています。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【オオサイチョウの子育てはお父さんが頼り!】
体の大きさに比べて大きなクチバシをもつことで有名なのが、南米に棲むオオハシの仲間と、東南アジアに棲むサイチョウの仲間である。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
61~70(247件中)