ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
51~60(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【オリックスの特殊な能力。】
乾燥地帯に強い動物として、ラクダが知られているが、東アフリカのサバンナや砂漠のような地域に暮らしているオリックスも、乾燥地帯に強い動物だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【魚を鷲づかみにするミサゴ。】
ミサゴは水辺に暮らすワシタカの仲間である。トビと同じぐらいの大きさだが、翼を広げると160センチあるため、かなり大きい印象を受ける。背部は暗褐色で腹面から頭部が白く、眼を横切る黒いラインが精悍な印象を与える猛禽類だ。彼らも他のワシタカ類同様の狩りを行う。ターゲットは水中の魚だ。上空を旋回しながら獲物を探し、ターゲットを捕捉すると急降下してみるみる接近する。そして脚から水中につっこみ、鋭い爪で魚をがっしりと捕まえる。文字通り鷲づかみにするのだ。その勇猛な狩りの光景は、猛禽類特有のもの。鷲づかみという表現は、まさにそのものズバリである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【大空を滑空するカエル?】
カエルが“飛ぶ”といっても、誰も驚かないだろう。カエルは跳ぶものだからだ。でも、“跳ぶ”のではなく文字通り空中を“飛ぶ”のだとしたら??

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【イエネコのルーツはヤマネコにあり。】
ペットとして親しまれているイエネコのルーツは、リビアヤマネコといわれている。古代エジプト時代、高度な文明が発達した場所に隣接して、リビアヤマネコは暮らしていた。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ビズラ】
ゴールデンレトリバーが飼い犬として申し分のない性質、外見を兼ね備えた犬であることは間違いないところ。ところで、このゴールデンに勝るとも劣らない優れた愛玩性を持った珍しい犬がいることをご存知だろうか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【能あるネコは爪を隠す】
普段はとってもふくふくして柔らかいネコの手。でもいざと言う時には隠されていた鋭い爪が飛び出します。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【朱鷺色に染まれ】
古来からの日本の色に「朱鷺色」という色彩がある。デリケートな表現をもった日本の色彩だが、文章で説明するなら、さしずめ限りなく白に近い朱色といえるだろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【高山に暮らすネコの仲間、ユキヒョウ】
雪のような体色からその名前のあるユキヒョウ。中央アジアの山岳地帯に暮らす、ネコの仲間の中でももっとも標高の高いところで住んでいる動物である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【人々の努力により、その数を増やすアホウドリ。】
北半球では最大級の海鳥、アホウドリ。翼を広げると2.4mという大きさになる。しかしその大きな体が災いして、地上での動きは非常に鈍く、すぐに飛び立つことができない。そのため簡単に捕らえられ、羽毛採取のために何百万羽という数のアホウドリが捕獲され、絶滅の危機に瀕したという経緯がある。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【マンモスは巨大なモグラ?】
マンモスといえば、とかく大きさを表現するために使われるフシのある単語でもある。実際のところ彼らが地球上で暮らしていたのは、更新性時代の後期にあたる氷河期の話。ふさふさした長い被毛に全身を覆われ、大きく弧を描くように曲がった巨大な牙が特徴的な、ゾウの祖先に当たる動物である。そして今日でも保存状態のよい彼らの亡骸が、凍土の中から発見されている。おりしも愛知万博の開催とともに、最新の調査内容が展示されているという。ところでこのマンモス、その素性を知らない当時の現地の人たちの間では巨大なモグラと考えられていたようだ。みつかるのが地中からで、発見されるものがすべて死んでいたことに起因しているようである。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
51~60(247件中)