ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
51~60(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ちいさなちいさな森の仲間、ピグミーマーモセット。】
原猿類をのぞいた中では、世界でも最も小さいサル、ピグミーマーモセット。マーモセット科の種類には比較的小さなサルが多いが、その中でもっとも小さい部類に位置づけられ、小さいことを意味する「ピグミー」の名前を関している。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【大空を滑空するカエル?】
カエルが“飛ぶ”といっても、誰も驚かないだろう。カエルは跳ぶものだからだ。でも、“跳ぶ”のではなく文字通り空中を“飛ぶ”のだとしたら??

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【珍味キャビアが影響した、チョウザメたちの運命。】
世界の三大珍味といえば、フォアグラ、トリュフそしてキャビアである。フォアグラは鴨の肝臓、トリュフはキノコ、そしてキャビアはチョウザメの卵を塩漬けにしたものだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【カモシカのような長い肢が特徴のタテガミオオカミ】
日本ではすでに絶滅した動物となってしまっているオオカミ。その仲間でも、特徴的な姿をしているのがタテガミオオカミである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【帰化生物について考えよう。】
前回豆知識では日本に運ばれて定着したとされる動物、ハクビシンについて取り上げてみた。今日ではこのハクビシンのほかにも多くの帰化生物たちがおり、その数は200種類を越えるともいわれている。代表的なところでは、しばしばマスコミでも取り上げられるブラックバスやアライグマ、各地でその勢力を広げつつあるミドリガメといったところだろうか。「帰化動物」という言葉は、単に本来分布しているところ以外で暮らしているということをいうのではない。その環境で繁殖し、繁殖している生物をさしている。これにより当然、本来生息していた生物たちは少なからず影響を受けることになる。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【夢を食べる動物といわれるバクは、子どもから親へと体色が変わる。】
黒と白の大胆なツートーンの体色をもったマレーバク。ゾウほどではないが、少し伸びた鼻のある顔つきがユーモラスである。ずんぐりとした体つきは、一見したところブタの仲間のようにも見えないこともないが、サイやウマの仲間である奇蹄目に分類される。ちなみにブタは、ラクダやキリン、ウシ、シカといった多くの動物が含まれる偶蹄目の仲間たちだ。さてこのマレーバクだが、母親に産み落とされたのちに急速に成長することが、観察の結果明らかにされている。子どもでは赤褐色の体に白い斑点や縞模様があるが、6ヵ月もすると親と同じ黒と白の体色になり、体重も100㎏を越えるらしい。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【外科医の魚って?】
ドリーといえば、映画「ファインディング・ニモ」で、主人公マーリンの相棒をつとめて、ニモを求めて旅をするというキャラクターだった。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【巨大魚、ピラルクー。】
南米大陸の大河、アマゾン川に生息するピラルクーは、成長すると全長3メートルを超える、世界最大級の淡水魚です。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【「マタマタ」という名前の亀。】
南米北部から中部にかけて分布しているカメの1種、マタマタ。奇妙な名前と共にそのユニークな姿は、おそらく1度見たら忘れることはないだろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【地上で最も美しいといわれる鳥、ケツアール。】
中米に分布するキヌバネドリの仲間、ケツアール。グアテマラでは国鳥にも指定されている、非常に美しい鳥である。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
51~60(247件中)