ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
51~60(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ウサギの名前がついたワラビーは、体もノウサギ色だった。】
かつてオーストラリア南東部に生息していたという、その名も“ウサギワラビー”。地上性の小型のワラビーで、かつては草原に普通に暮らしていた有袋類だったという。小型で耳が長く、ノウサギ色をしていたところからついた名前かも知れない。しかしやはりワラビーの仲間に属すため、尾は長く、カンガルーの体つきをしている。日中は草むらで眠って過ごし、夜になると出てきて草を食べていた。その様子はウサギに似ていたようである。そんな彼らだが、やはり人による生息地の開発と、外敵の侵入によって絶滅に追い込まれたようである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【「一富士、二タカ、三なすび」。】
新年最初にみた夢を「初夢」といいますね。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【モグラは日光を浴びると死ぬの?】
地中にトンネルを掘り壮大な地底王国を作るモグラ。名前は確かに有名なのだが、実際にその姿を見たことがある人は少ないのではないだろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【巨大魚、ピラルクー。】
南米大陸の大河、アマゾン川に生息するピラルクーは、成長すると全長3メートルを超える、世界最大級の淡水魚です。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【カモノハシのトレードマークは重要なセンサー。】
オーストラリアを代表する珍しい動物のひとつ、カモノハシ。彼らは水中での暮らしに適応した哺乳類ですが、もっとも特徴的なのがその「クチバシ」でしょう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【集団で魚を狩る、モモイロペリカン。】
ユーモラスな姿で物語や企業のキャラクターにもなっているペリカン。
ペリカンのトレードマークといえば、なんといっても特徴的な大きなくちばしとその構造だろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【山の神への供物になる魚】
日本の海辺の中でも、かなり特殊な環境の有明海。ムツゴロウというハゼの仲間が特に有名だが、「山の神様」の機嫌を損ねた魚が暮らしているという。その名もずばりヤマノカミ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【無数にいた鳥が、1羽もいなくなった時。】
かつては北アメリカ東部に無数にいたとされているカロライナインコ。しかし今日その姿をみることはない。絶滅してしまったためである。それも環境の悪化というよりも、人間の捕獲による面が大きいようだ。インコやオウムといった鳥は果実などを餌にしているため、暖かい地方を中心に分布している。北アメリカにいたカロライナインコはそうした意味で珍しい存在だったが、餌はやはり果実だった。そのため果樹園を営んでいる人々にとって、まず害鳥とされた。食肉や羽飾りにするために、猟銃でひたすら捕獲されていった。そしてついには飼育されていたインコが他界するのと同時に、この地球上から1羽もいなくなってしまったのである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【矢毒蛙は、熱帯雨林が育んだアート。】
赤、青、黄色。極彩色の色彩に身を包んだカエルが、中南米の熱帯雨林の中でたくましく暮らしている。その魅力的な体色のためか、ペットとしても定着しており、コレクションする愛好家も多い種類といえる。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【うさぎのキモチ】
尻尾がキモチを代弁してくれる犬や、鳴き声で機嫌のわかる猫と違い、ウサギはそのキモチがわかりずらいですよね。でも、ちゃんと飼い主さんにキモチを伝えていることだってあるんですよ。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
51~60(247件中)