ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
41~50(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【イルカが眠るとき】
一生を海や川などの水の中で過ごすイルカは、いつ、どうやって寝ているのでしょうか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【スローモーがもち味の、スローロリス。】
アジアの熱帯雨林に暮らすスローロリスのもち味は、文字通りのゆったりとした動作です。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【棘のあるお父さんの、子育ての季節。】
背ビレや腹ビレの棘が目立つことから、トゲウオの名前があるハリヨ。ハリヨは一般に産みっぱなしの多い魚たちの中で、なかなかの子煩悩ぶりを発揮する。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【シマウマの種類】
白と黒の大胆な縞模様をまとっているシマウマ。あまりにもわかりやすい外見だからか、「シマウマ」という種類が1種いるように感じるかもしれないが、縞模様や体の大きさなどにより、数種が存在している。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【美しさが命取りになった、ミイロコンゴウインコ。】
その美しさゆえに絶滅へと追いやられた動物というのも少なくない。このミイロコンゴウインコもそのひとつだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【朱鷺色に染まれ】
古来からの日本の色に「朱鷺色」という色彩がある。デリケートな表現をもった日本の色彩だが、文章で説明するなら、さしずめ限りなく白に近い朱色といえるだろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【タガメの母は強し】
わが国最大の水生昆虫タガメ。大きなものでは体長6cmを越えるほどであり、その強力な前足で自分より大きなトノサマガエルですら捕らえ、体液を吸うという。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ハクビシンが危ない?】
日本の各地に出没し、その存在が話題になっている動物がいる。鼻から両目の間を貫く白い模様が特徴的なハクビシンだ。カタカナで書くと珍獣のイメージだが、漢字で書くと「白鼻心」。その風貌を的確に現している。ジャコウネコの仲間で、アジアの諸地域に分布している。生息が確認されたのは昭和に入ってからのことのようで、その存在に関しては諸説があるが、人によって持ち込まれたものがという説が有力のようだ。ところが最近、彼らに対して迫害の目が向けられている。一連のSARS報道の影響だ。飼育している愛好家も、飼育を放棄するケースがあったらしい。人と暮らすペットの存在に関して、愛好家は今一度熟考が必要である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【200万年前の地球上に存在した、巨大なアルマジロ?】
かつて地球には実に多様な生物たちが存在していた。サーベルタイガーやマンモス、ケブカサイといった動物に関しては、かつてここでもとりあげている。今回は、体長3mにも達したという巨大なアルマジロの近縁種。グリプトドンと呼ばれる動物で、甲羅は骨質状の板が互いに結びつき、半球形のドームのような構造になっていたという。このしっかりとした甲羅に守られ、巨大な体をもつ彼らは、一時期かなり繁栄したといわれている。やがて彼らは地球上からその姿を消すが、どうやらそこには人間の影響もあったようだ。古代人が道具として使ったと思われる彼らの体の一部が、化石として発見されているようである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【アマミノクロウサギ】
奄美大島と徳之島にだけ棲むアマミノクロウサギ。1921年3月に国の天然記念物に指定され、さらに1963年には特別天然記念物へと指定されました。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
41~50(247件中)