ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
31~40(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【トカゲの泣き声】
犬は「ワンワン」猫は「ニャー」。じゃぁトカゲは?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【沖縄の固有種、ヤンバルクイナ】
1980年代初頭、新種の鳥として注目を集めたのがこの飛べない鳥がいる。沖縄本島の北部にだけ生息する固有種、ヤンバルクイナだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【奄美大島に特有の鳥、ルリカケス。】
奄美大島に生息するルリカケス。全長約38cmと、カケスより大きく、ハトより小型の鳥だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【オリックスの特殊な能力。】
乾燥地帯に強い動物として、ラクダが知られているが、東アフリカのサバンナや砂漠のような地域に暮らしているオリックスも、乾燥地帯に強い動物だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【一般に公開されたツシマヤマネコ。】
日本に生息する野生のネコは2種類である。沖縄の西表島に生息するイリオモテヤマネコと、長崎県の対馬に生息するツシマヤマネコだ。このツシマヤマネコが対馬の野生生物保護センターで一般公開された。こうして一般に公開することで、ツシマヤマネコへの関心や環境保護といった意識を高めるのがねらいのようである。ツシマヤマネコは、現在その推定生息数は多くて90頭前後といわれている。彼らの保護には生息地の保護のみならず、人々の関心も当然必要なわけだ。2種類だけが日本に生息している野生のネコ。この一般公開を期に、その存在や貴重な動物の保護に関心がむけられればいいことだともいえるだろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【火を食う鳥で、ヒクイドリ?】
ヒクイドリは、ニューギニアやオーストラリアに分布している飛べない鳥の1種である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【「マタマタ」という名前の亀。】
南米北部から中部にかけて分布しているカメの1種、マタマタ。奇妙な名前と共にそのユニークな姿は、おそらく1度見たら忘れることはないだろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【これもモルモットの改良のひとつ】
写真はスキニーギニアピッグというモルモットの1品種なのだが、なぜこのような改良を加えたのだろうか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【舞い上がれ、コウノトリ。】
国の特別天然記念物、コウノトリ。かつては日本の各地で見られ、東京でも繁殖していたという普通に見ることができた鳥だったようだ。それが人による狩猟や、環境の変化などによって、著しくその数を減らしてしまった。そして現在、地域を巻き込んだ保護活動が着実に展開されている。国内最後のコウノトリの生息地として知られる、兵庫県の豊岡市の「県立コウノトリの郷公園」がそれだ。住民とコウノトリが共生できる環境を目指し、地域をつくるというものである。そして最近飼育下で成長したコウノトリが、自然の中へと放たれた。そこに居合わせた人たちからは、舞い上がっていくコウノトリが姿に、拍手がわきおこったという。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
31~40(247件中)