ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
31~40(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【1トン近くにもなるカメ、オサガメ。】
爬虫類の中でも特に大きいとされるウミガメの1種、オサガメ。ガラパゴスに棲む大きなリクガメ、ガラパゴスゾウガメの体重が200キロなのに対し、海洋に暮らすオサガメは900キロ以上の個体もいるという記録がある。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【日本でイグアナが繁殖?】
ここのところたて続けに爬虫類が捕獲されて話題になった。といっても本来日本には住んでいないはずの生物である。その正体はといえばニシキヘビの仲間とイグアナだ。場所はそれぞれに違うが、いずれにせよペットとしてもち込まれたものが逃げ出すなどして、発見されたものといっていい。こうした動物に関しても、種類によっては日本の自然になじんで帰化する可能性も十分にある。このニシキヘビやイグアナに限らず、ペットとして生物の飼育を始めた以上は最後までしっかりと面倒をみる。至極当然なことではあるが、飼い主にとって最低限守らなければならないルールなのではないだろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【生きた化石、ネオケラトドゥス】
「ネオケラトドゥス」とは舌を噛みそうな名前だが、これはオーストラリアに生息する肺魚の名前である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【花の蜜を吸う鳥、ハチドリ。】
鳥類のなかでは、とても特殊だといえるのが、ハチドリである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【タンチョウヅル】
タンチョウを含めたツルの仲間は、わが国で繁殖している鳥の中でも、最大なもののひとつである。ペアが向き合いながら飛んだり跳ねたりし、甲高い声で鳴きあう求愛のダンスも有名だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ジャイアントペンギン?】
ユーモラスな姿にヨチヨチとした歩き方。陸上で見るペンギンの姿はなんとも愛らしく、ピングーをはじめとして様々なキャラクターのモチーフとなっている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【「ユニコーン」のモデルにもなったという、インドサイ。】
サイといえば、およそ大きな動物であるが、インドサイはそのヒダのある鎧のような皮膚に被われており、その重戦車のような体つきからヨロイサイの別名があるといわれている。またアフリカに住むシロサイやクロサイが頭部に2本角があるのに対し、インドサイでは1本である。その角に薬効があるということから捕獲され、一時期その数を減らしたが、保護区の制定により、徐々にその数をふやしているようだ。そしてこの重戦車のような動物、伝説の獣でもある「ユニコーン」のモデルとなったことでも知られている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【泡の網で魚を一網打尽】
ハンプバック・ホエールという英名をもつザトウクジラ。北半球に棲むものは、夏をアラスカやその周辺で過ごし、冬になると暖かいハワイなどで過ごしながら繁殖するといわれている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【生きた化石、シーラカンス。】
“生きた化石”とも呼ばれるシーラカンス。 シーラカンスは、4億年前のデボン紀とよばれる時代に誕生しました。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【玉虫色のクワガタ】
写真の昆虫は、パプアキンイロクワガタという名前の小型のクワガタで、その美しい体色で注目されています。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
31~40(247件中)