ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
21~30(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ネズミの侵入によって絶滅した鳥。】
絶海の孤島レイサン島。外敵の存在がないがために飛ぶことをやめてしまったクイナという鳥にとって、安住の地だった。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【魚の衣替え。】
夏休みも後半戦に突入!海へ山へと出かけて、自然を満喫している人もきっと多いだろう。そこで豆知識でもきれいな海の魚の話を。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【月の砂漠を旅するラクダ。「砂漠の船」と呼ばれる体は、過酷な環境によく適応している】
猛烈な砂漠という環境を行くキャラバン隊といえば、トレードマークといってもいいのがラクダの存在である。コブがひとつのヒトコブラクダ、二つあるフタコブラクダが知られているが、少しの水と食べ物だけで重い荷物を背負って、1日100㎞もの移動が可能だ。その秘密は背中のコブ。昔は水がつまっているとかいわれてきたが、現在では脂肪がつまっていることは広く知られるようになった。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ホットケーキのようなリクガメ?】
カメといえば、種類の多い爬虫類のなかでもなじみの深い動物だといっていいだろう。そのカメたちにしてみても、多くの種類が存在する。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【キリンさんおすわり】
動物園の人気者キリン。このキリンってやつは、あなたが興味を抱いて動物園の開園時間から閉園までキリンの前にへばりついていたとしても、おそらく一度も寝そべったりしないはずです。それどころか、夜の間もずっと立ちっぱなしなんです。キリンさん、いったいいつ寝るの?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【魚を鷲づかみにするミサゴ。】
ミサゴは水辺に暮らすワシタカの仲間である。トビと同じぐらいの大きさだが、翼を広げると160センチあるため、かなり大きい印象を受ける。背部は暗褐色で腹面から頭部が白く、眼を横切る黒いラインが精悍な印象を与える猛禽類だ。彼らも他のワシタカ類同様の狩りを行う。ターゲットは水中の魚だ。上空を旋回しながら獲物を探し、ターゲットを捕捉すると急降下してみるみる接近する。そして脚から水中につっこみ、鋭い爪で魚をがっしりと捕まえる。文字通り鷲づかみにするのだ。その勇猛な狩りの光景は、猛禽類特有のもの。鷲づかみという表現は、まさにそのものズバリである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【シャチをめぐる野生動物保護の難しさ。】
大海原を行く大型のハクジラの仲間、シャチ。かつては日本の近海でもみられたといわれている鯨類である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ネコの集会】
“ネコの集会”と呼ばれる、ネコの集まりを知っていますか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ハクビシンが危ない?】
日本の各地に出没し、その存在が話題になっている動物がいる。鼻から両目の間を貫く白い模様が特徴的なハクビシンだ。カタカナで書くと珍獣のイメージだが、漢字で書くと「白鼻心」。その風貌を的確に現している。ジャコウネコの仲間で、アジアの諸地域に分布している。生息が確認されたのは昭和に入ってからのことのようで、その存在に関しては諸説があるが、人によって持ち込まれたものがという説が有力のようだ。ところが最近、彼らに対して迫害の目が向けられている。一連のSARS報道の影響だ。飼育している愛好家も、飼育を放棄するケースがあったらしい。人と暮らすペットの存在に関して、愛好家は今一度熟考が必要である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【「一富士、二タカ、三なすび」。】
新年最初にみた夢を「初夢」といいますね。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
21~30(247件中)