ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
21~30(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【一般に公開されたツシマヤマネコ。】
日本に生息する野生のネコは2種類である。沖縄の西表島に生息するイリオモテヤマネコと、長崎県の対馬に生息するツシマヤマネコだ。このツシマヤマネコが対馬の野生生物保護センターで一般公開された。こうして一般に公開することで、ツシマヤマネコへの関心や環境保護といった意識を高めるのがねらいのようである。ツシマヤマネコは、現在その推定生息数は多くて90頭前後といわれている。彼らの保護には生息地の保護のみならず、人々の関心も当然必要なわけだ。2種類だけが日本に生息している野生のネコ。この一般公開を期に、その存在や貴重な動物の保護に関心がむけられればいいことだともいえるだろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【寝るときでも、能力を発揮】
優れたバランス感覚を持つ鳥は、以外な場所でもその能力を発揮させています。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【住宅街の緑地帯にグリーンイグアナが出現。】
最近ペットとして飼育されていた生物が色々なところで発見され、ニュースになることがしばしばある。以前にワニの捕獲の話題にもふれた。今度は住宅街の緑地帯に、グリーンイグアナである。本来動物園などで目にする生物が、普通にいる様子に、おそらくその発見者もびっくりしたに違いない。問題はこうしたペットを飼う側の、モラルの問題である。飼育をはじめた生物は、必ず最後まで面倒をみる。この最小限果たさなければならない義務も、おろそかになっている部分があるようだ。ペットは飼い主を選べない。これはイヌネコに限ったことではないのである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【人々の努力により、その数を増やすアホウドリ。】
北半球では最大級の海鳥、アホウドリ。翼を広げると2.4mという大きさになる。しかしその大きな体が災いして、地上での動きは非常に鈍く、すぐに飛び立つことができない。そのため簡単に捕らえられ、羽毛採取のために何百万羽という数のアホウドリが捕獲され、絶滅の危機に瀕したという経緯がある。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【有明海のスーパースター、ムツゴロウ。】
潮が引いたとき一面に現れる泥の浜、干潟。日本でも最大の面積を誇っているのが九州の4県にまたがる有明海である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【コウモリは吸血鬼の化身か?】
コウモリは翼手目に属する哺乳類の一種で、哺乳類として唯一自由に空を飛ぶことができ動物である。 

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【樹上で暮らす、風変わりなカンガルーの仲間。】
発達した後肢に短い前肢。長く伸びた尾っぽを使ってしっかりと直立するようにたたずむカンガルーは、コアラと並んでオーストラリアで代表的な動物だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【メコンオオナマズはメコン川の主。】
全長3メートル、体重300キログラム近くにも達する巨大ナマズがいる。メコン川に生息するメコンオオナマズだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【絶滅した鳥、モア。】
地球上に出現した最大の鳥と考えられているのが、今では絶滅してしまったモアという鳥である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【イルカが眠るとき】
一生を海や川などの水の中で過ごすイルカは、いつ、どうやって寝ているのでしょうか?

  前のページ |12345678910| 次のページ  
21~30(247件中)