ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
21~30(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【森の忍者カメレオン】
樹の上で暮らすトカゲの仲間カメレオンは、体の色をめまぐるしく変化させる名人でもある。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【クジャクのオスってけっこうたいへん?】
インド、スリランカに分布するインドクジャク、そして中国南部からマレーシア、インドネシアに分布するマクジャク。いずれもオスの色が極めて美しい、キジ科の鳥である。図鑑などではその美しい飾り羽を一杯に広げた姿が掲載されているが、もちろん普段からいつもその状態にあるわけではない。メスへの求愛の時にそうした一連の行動をとるようである。つまり自分の姿をうより美しく見せて、自分の遺伝子をより多く後世につなげるためのポーズなのである。とはいえパートナーを選べるのはメスの方。ディスプレイの甲斐なくふられてしまうオスもいる。優雅な姿ではあるものの、けっこうたいへんのようである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【絶滅した鳥、モア。】
地球上に出現した最大の鳥と考えられているのが、今では絶滅してしまったモアという鳥である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【多彩な表情をもつスナメリ。】
クジラの仲間の中でももっとも小型の部類になるスナメリ。水族館などで、首をかしげ興味深そうに人間達を観察する彼らの姿を見たことがある人も多いのではないだろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【舞い上がれ、コウノトリ。】
国の特別天然記念物、コウノトリ。かつては日本の各地で見られ、東京でも繁殖していたという普通に見ることができた鳥だったようだ。それが人による狩猟や、環境の変化などによって、著しくその数を減らしてしまった。そして現在、地域を巻き込んだ保護活動が着実に展開されている。国内最後のコウノトリの生息地として知られる、兵庫県の豊岡市の「県立コウノトリの郷公園」がそれだ。住民とコウノトリが共生できる環境を目指し、地域をつくるというものである。そして最近飼育下で成長したコウノトリが、自然の中へと放たれた。そこに居合わせた人たちからは、舞い上がっていくコウノトリが姿に、拍手がわきおこったという。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【獲物を求めて縦横無尽、ニホンヤモリ。】
イモリとヤモリ。名前は似ているがまったく別の生物だ。イモリは水中に暮らす両生類、ヤモリは陸上に暮らす爬虫類の仲間である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【夢を食べる動物といわれるバクは、子どもから親へと体色が変わる。】
黒と白の大胆なツートーンの体色をもったマレーバク。ゾウほどではないが、少し伸びた鼻のある顔つきがユーモラスである。ずんぐりとした体つきは、一見したところブタの仲間のようにも見えないこともないが、サイやウマの仲間である奇蹄目に分類される。ちなみにブタは、ラクダやキリン、ウシ、シカといった多くの動物が含まれる偶蹄目の仲間たちだ。さてこのマレーバクだが、母親に産み落とされたのちに急速に成長することが、観察の結果明らかにされている。子どもでは赤褐色の体に白い斑点や縞模様があるが、6ヵ月もすると親と同じ黒と白の体色になり、体重も100㎏を越えるらしい。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ボルネオで発見された、新種のゾウ。】
最近の飛躍的な科学の進歩に、生物の遺伝情報DNA解析技術の発達である。その結果として種の判別が、さらに確実になったともいえる。ボルネオ島に生息する小型のアジアゾウが、新たに新種として発表された。方法としてはそのゾウのフンを集めて大学に依頼し、DNAを判定、近隣国に分布するアジアゾウのものと比較するという方法だったようである。その結果周辺諸国にすむアジアゾウとは、かなり古い時代に分かれた種類という結論がだされたようだ。技術の進歩に伴う新種の発見。今の時代に大型の哺乳類の新種がみつかったというのには、そうした背景があったのである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【陸に暮らすユニークなヤドカリ】
ヨチヨチとした足取りがなんとも可愛らしいオカヤドカリ。わが国でも沖縄や小笠原の島々を中心に生息している、ヤドカリの仲間である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ペンギンは、海中ではばたく】
さまざまなキャラクターが登場し、みんなから愛されている飛べない鳥ペンギン。南極の周辺という寒い地域に分布して、その環境に適応して暮らしている。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
21~30(247件中)