ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
11~20(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ちょっと変わった、クマノミの習性。】
カクレクマノミという名前の魚をご存知でしょうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【中央アジアの高地に暮らすユキヒョウ】
ユキヒョウは、チベットやヒマラヤなど中央アジアの山岳地帯に生息する、珍しいネコ科の動物である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【奇妙な鳥、ドードーは本当にいた?】
不思議の国のアリスに登場する鳥、ドードーをご存知だろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【日本にもいる毒蛇コブラの仲間。】
クレオパトラが自らを噛ませて命を絶ったことでも有名で、毒蛇の代名詞ともなっているコブラ。外国のヘビというイメージがつよいコブラだが、実は日本にもこの仲間は存在する。その名もヒャン。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ヒースヘンのような絶滅を避けるために。】
最近わが国の特別天然記念物であるライチョウが減っていることが、調査により明らかにされた。そしてかつて北アメリカでごく普通にみられたというライチョウの仲間ヒースヘンが、絶滅してしまったという事実が残されている。人により狩られて減少し、最終的には保護の措置がとられたが、度重なる天災など環境の変化が彼らを絶滅に追い込んだ。日本のライチョウにも同じことがいえるのではないだろうか。彼らの住める環境があってこそ、人間もまた暮らしていくことができるのである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【もともと“ペンギン”という名前だったオオウミガラス。】
すでに地球上からは絶滅してしまった鳥、オオウミガラス。かつて北半球の大西洋に生息していた、いわゆる飛べない鳥の仲間である。全長80cm、体重5㎏に達したという大型の海鳥だが、空を飛ぶための翼は退化し、その翼を使って水中を飛ぶように泳いでいた。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ペッカリーの受難。】
既に絶滅していると思われていた動物が、実はまだ存在していた、ということはままある。発見されてまだ三十数年チャコペッカリーもそのひとつだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【コウモリ対ガの壮絶な空中戦】
ハロウィンが近づき、ショウウィンドウなどでかわいいコウモリのキャラクターを見る機会が増えましたね。今回は、そんなコウモリと、捕食される側のガのお話。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【鱗で武装した哺乳類、センザンコウ】
鉄壁の備えともいえる亀甲に守られた体で移動する姿は、大昔の地球を闊歩していた生物をも連想させる。その生き物はセンザンコウ。もちろん恐竜の生き残りというわけではなく、れっきとした哺乳類だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ウサギの名前がついたワラビーは、体もノウサギ色だった。】
かつてオーストラリア南東部に生息していたという、その名も“ウサギワラビー”。地上性の小型のワラビーで、かつては草原に普通に暮らしていた有袋類だったという。小型で耳が長く、ノウサギ色をしていたところからついた名前かも知れない。しかしやはりワラビーの仲間に属すため、尾は長く、カンガルーの体つきをしている。日中は草むらで眠って過ごし、夜になると出てきて草を食べていた。その様子はウサギに似ていたようである。そんな彼らだが、やはり人による生息地の開発と、外敵の侵入によって絶滅に追い込まれたようである。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
11~20(247件中)