ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
91~100(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【大河に暮らすイルカ。】
南米大陸を流れる大河アマゾン。川というには、あまりに大きな存在といえるだろう。見渡す限りの水の広がりは、まさに海をも彷彿とさせる。そんなアマゾン川に生息しているのが、コビトイルカの仲間たちである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【泡の網で魚を一網打尽】
ハンプバック・ホエールという英名をもつザトウクジラ。北半球に棲むものは、夏をアラスカやその周辺で過ごし、冬になると暖かいハワイなどで過ごしながら繁殖するといわれている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【アカヒゲとコマドリが抱えた、ちょっと複雑な事情。】
アカヒゲという種類の小鳥をご存知だろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【毒をもつトカゲ、ドクトカゲ。】
マムシやハブ、コブラといったヘビの仲間たちは、毒をもつ爬虫類として一般的によく知られている。でも同じ爬虫類の中でもトカゲの仲間では、毒をもつものはごく少数派だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【舞い上がれ、コウノトリ。】
国の特別天然記念物、コウノトリ。かつては日本の各地で見られ、東京でも繁殖していたという普通に見ることができた鳥だったようだ。それが人による狩猟や、環境の変化などによって、著しくその数を減らしてしまった。そして現在、地域を巻き込んだ保護活動が着実に展開されている。国内最後のコウノトリの生息地として知られる、兵庫県の豊岡市の「県立コウノトリの郷公園」がそれだ。住民とコウノトリが共生できる環境を目指し、地域をつくるというものである。そして最近飼育下で成長したコウノトリが、自然の中へと放たれた。そこに居合わせた人たちからは、舞い上がっていくコウノトリが姿に、拍手がわきおこったという。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【鱗で武装した哺乳類、センザンコウ】
鉄壁の備えともいえる亀甲に守られた体で移動する姿は、大昔の地球を闊歩していた生物をも連想させる。その生き物はセンザンコウ。もちろん恐竜の生き残りというわけではなく、れっきとした哺乳類だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【意外に高級な毛をもつという、モグラの話。】
地中にトンネルを掘って暮らしているモグラ。その暮らし振りからは、体はまさに「泥まみれ」という姿を想像すると思う。しかして実際はというと、これが意外に上等な毛皮のもち主で、国によってはごく最近までそれをとって暮らしていた人もいるようだ。なんとモグラの皮を集めて、帽子を作るのだという。モグラの毛はまっすぐに生えている。これは彼らがトンネルで暮らすための合理性からだ。その感触はビロードの味わいがあるらしい。トンネル内を前進後退する彼らにとって、癖のない直毛がメリットがあるのである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ヤマアラシの護身スタイル。】
硬い鎧を身にまとう、あるいは体の色を周囲に溶け込ませて紛れる、さらには強烈な色彩で相手に警告を与える。動物たちは実にさまざまな方法で、自分の身を守ろうとしている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【金魚が我が家にやってきた!】
この季節は見た目の涼しさに惹かれて、金魚を飼い始める人も多いのではないでしょうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【寝るときでも、能力を発揮】
優れたバランス感覚を持つ鳥は、以外な場所でもその能力を発揮させています。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
91~100(247件中)