ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
91~100(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【能あるネコは爪を隠す】
普段はとってもふくふくして柔らかいネコの手。でもいざと言う時には隠されていた鋭い爪が飛び出します。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【トナカイの鼻は赤い?】
この季節、街にはクリスマスのイルミネーションが輝いています。なかでも一番目を引くのは、真っ赤に輝くトナカイの鼻ではないでしょうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【日本のトキ。】
「キン」と呼ばれ唯一生き残っていた日本産の最後のトキが、先日他界した。人間に推定すると100歳を越える年齢で、そうした意味では大往生である。しかしこのことで、ニッポニア・ニッポンの学名をもつ日本産の鳥は、絶えてしまったことになる。朱鷺色という日本の伝統色がある。限りなく白に近い淡い紅色をいう。この美しい日本産の生きた鳥を、目にすることはもうない。われわれは最後の一羽の死に、多くを学ばなければならない。そうした境遇におかれた日本の野生動物は、多くが存在するからだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【外科医の魚って?】
ドリーといえば、映画「ファインディング・ニモ」で、主人公マーリンの相棒をつとめて、ニモを求めて旅をするというキャラクターだった。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【帰化生物について考えよう。】
前回豆知識では日本に運ばれて定着したとされる動物、ハクビシンについて取り上げてみた。今日ではこのハクビシンのほかにも多くの帰化生物たちがおり、その数は200種類を越えるともいわれている。代表的なところでは、しばしばマスコミでも取り上げられるブラックバスやアライグマ、各地でその勢力を広げつつあるミドリガメといったところだろうか。「帰化動物」という言葉は、単に本来分布しているところ以外で暮らしているということをいうのではない。その環境で繁殖し、繁殖している生物をさしている。これにより当然、本来生息していた生物たちは少なからず影響を受けることになる。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【大きなクチバシが特徴のオニオオハシ。】
生物にみられる体の特徴は、たいてい何らかの役割をもっているものだ。ゾウの長い鼻やキリンの長い首など、それぞれその役割に関してあれこれと解釈もなされている。さて中南米に生息するオオハシの仲間たち。何よりそのクチバシの大きさが目をひく鳥類である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【スカンクの強力な武器】
スカンクといってまず思い浮かぶのが、ユニークな敵の撃退法である。肛門付近から強烈な匂いのする噴射物の一撃を食らわし、敵を退散させるというものだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【キリンさんおすわり】
動物園の人気者キリン。このキリンってやつは、あなたが興味を抱いて動物園の開園時間から閉園までキリンの前にへばりついていたとしても、おそらく一度も寝そべったりしないはずです。それどころか、夜の間もずっと立ちっぱなしなんです。キリンさん、いったいいつ寝るの?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【奇妙な鳥、ドードーは本当にいた?】
不思議の国のアリスに登場する鳥、ドードーをご存知だろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ルビー色の眼をもつ大型魚、アカメ。】
独特のルビー色の眼をもつために、「アカメ」と名づけられた魚がいる。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
91~100(247件中)