ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【日本のトキ。】
「キン」と呼ばれ唯一生き残っていた日本産の最後のトキが、先日他界した。人間に推定すると100歳を越える年齢で、そうした意味では大往生である。しかしこのことで、ニッポニア・ニッポンの学名をもつ日本産の鳥は、絶えてしまったことになる。朱鷺色という日本の伝統色がある。限りなく白に近い淡い紅色をいう。この美しい日本産の生きた鳥を、目にすることはもうない。われわれは最後の一羽の死に、多くを学ばなければならない。そうした境遇におかれた日本の野生動物は、多くが存在するからだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【エンゼルフィッシュの気性】
古くから知られる熱帯魚のひとつ、エンゼルフィッシュ。エキゾチックなその姿にあこがれて、飼育を始める愛好家の多い魚である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【棘のあるお父さんの、子育ての季節。】
背ビレや腹ビレの棘が目立つことから、トゲウオの名前があるハリヨ。ハリヨは一般に産みっぱなしの多い魚たちの中で、なかなかの子煩悩ぶりを発揮する。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ゲームソフトのキャラクターとして登場する動物って…。】
オーストラリアに分布する動物ミミナガバンディクート。カンガルーなどと同じ有袋類で、40cm程度の体長をもった動物である。耳が長く、愛嬌のある顔つきをしており、ちょっとペットにしたくなるような種類だ。この動物だが、どうやらゲームソフトのキャラクターとしても活躍しているようだ。名前から想像がつく方もいるかもしれないが、クラッシュ・バンディクーの名前で親しまれているキャラがそれである。夜行性の動物で主に昆虫などを食べているようだが、今日ではご多分に漏れずその姿も減ってしまったらしい。森林の伐採による環境の変化や、移住者によりもち込まれた動物たちとの競争に負けたことが、彼らに影響を与えたためである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【帰化生物について考えよう。】
前回豆知識では日本に運ばれて定着したとされる動物、ハクビシンについて取り上げてみた。今日ではこのハクビシンのほかにも多くの帰化生物たちがおり、その数は200種類を越えるともいわれている。代表的なところでは、しばしばマスコミでも取り上げられるブラックバスやアライグマ、各地でその勢力を広げつつあるミドリガメといったところだろうか。「帰化動物」という言葉は、単に本来分布しているところ以外で暮らしているということをいうのではない。その環境で繁殖し、繁殖している生物をさしている。これにより当然、本来生息していた生物たちは少なからず影響を受けることになる。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【絶滅した巨大有袋類 ディプロトドン。】
コアラやカンガルーなど、有袋類の大陸として知られているのがオーストラリア。その昔、そこには体長が3メートルもあった有袋類が暮らしていた。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【なが〜い首のキリン。】
独特の姿をもつキリン。彼らの首が長いというのは、いうまでもなくよく知られたところ。動物園でも人気者のひとつだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ジャイアントパンダ】
白と黒の愛くるしい姿から、人々を魅了するジャイアントパンダ。現在では中国のごく一部にしか生息しておらず、絶滅が心配されている動物のひとつです。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【200万年前の地球上に存在した、巨大なアルマジロ?】
かつて地球には実に多様な生物たちが存在していた。サーベルタイガーやマンモス、ケブカサイといった動物に関しては、かつてここでもとりあげている。今回は、体長3mにも達したという巨大なアルマジロの近縁種。グリプトドンと呼ばれる動物で、甲羅は骨質状の板が互いに結びつき、半球形のドームのような構造になっていたという。このしっかりとした甲羅に守られ、巨大な体をもつ彼らは、一時期かなり繁栄したといわれている。やがて彼らは地球上からその姿を消すが、どうやらそこには人間の影響もあったようだ。古代人が道具として使ったと思われる彼らの体の一部が、化石として発見されているようである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【美しさゆえに絶滅したブルーバック。】
南アフリカには、人々の入植によって滅びてしまった動物たちも少なくない。レイヨウの一種、ブルーバックもそのひとつである。

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)