ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【勇猛果敢な群れで暮らすドール。】
東南アジアをはじめ、アムール地方などかなり広範囲に渡って分布する、イヌ科の動物ドール。数頭から15頭前後の群れをつくり、グループで狩りをしながら暮らしている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【夢を食べる動物といわれるバクは、子どもから親へと体色が変わる。】
黒と白の大胆なツートーンの体色をもったマレーバク。ゾウほどではないが、少し伸びた鼻のある顔つきがユーモラスである。ずんぐりとした体つきは、一見したところブタの仲間のようにも見えないこともないが、サイやウマの仲間である奇蹄目に分類される。ちなみにブタは、ラクダやキリン、ウシ、シカといった多くの動物が含まれる偶蹄目の仲間たちだ。さてこのマレーバクだが、母親に産み落とされたのちに急速に成長することが、観察の結果明らかにされている。子どもでは赤褐色の体に白い斑点や縞模様があるが、6ヵ月もすると親と同じ黒と白の体色になり、体重も100㎏を越えるらしい。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【タンチョウヅル】
タンチョウを含めたツルの仲間は、わが国で繁殖している鳥の中でも、最大なもののひとつである。ペアが向き合いながら飛んだり跳ねたりし、甲高い声で鳴きあう求愛のダンスも有名だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【日本でイグアナが繁殖?】
ここのところたて続けに爬虫類が捕獲されて話題になった。といっても本来日本には住んでいないはずの生物である。その正体はといえばニシキヘビの仲間とイグアナだ。場所はそれぞれに違うが、いずれにせよペットとしてもち込まれたものが逃げ出すなどして、発見されたものといっていい。こうした動物に関しても、種類によっては日本の自然になじんで帰化する可能性も十分にある。このニシキヘビやイグアナに限らず、ペットとして生物の飼育を始めた以上は最後までしっかりと面倒をみる。至極当然なことではあるが、飼い主にとって最低限守らなければならないルールなのではないだろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ヤブイヌってどんなイヌ?】
キツネ、タヌキ、イヌといったように、イヌ科の仲間はおよそ10のグループに分けることができる。ヤブイヌもそのひとつだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【足の短い猫】
短足の犬種が存在するのと同じように、足の短い猫も存在します。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【かわいい??ツノガエル。】
ファンシーツノガエルというカエルがいる。ずんぐりむっくりとしたそのカエルの姿は、かわいい…といえなくもない。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ちいさなちいさな森の仲間、ピグミーマーモセット。】
原猿類をのぞいた中では、世界でも最も小さいサル、ピグミーマーモセット。マーモセット科の種類には比較的小さなサルが多いが、その中でもっとも小さい部類に位置づけられ、小さいことを意味する「ピグミー」の名前を関している。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【世界最古の犬種?】
写真はアフリカ原産の、バセンジーという犬種です。一見するとどこにでもいるような犬に見えますが、その歴史はとても古く、古代エジプトの壁画にもバセンジーと思われる犬が描かれているほどです。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【CM動物の元祖?!エリマキトカゲ】
現在、とあるCMの影響で白い日本犬が大人気だか、20年ほど前にも、CMから一世を風靡した動物がいた。エリマキトカゲだ。

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)