ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【動物たちの共生】
異なる種類の生物たちが、自然と協力し助け合うことで、より快適で安全な生活を送っています。このような動物たちのことをご存知でしょうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【シカというにはあまりにも小さい、マメジカ】
体長40センチメートル、体重2キログラム程度。この小さな動物が、シカという名前をもっているといったら、驚かれるだろうか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【人々の努力により、その数を増やすアホウドリ。】
北半球では最大級の海鳥、アホウドリ。翼を広げると2.4mという大きさになる。しかしその大きな体が災いして、地上での動きは非常に鈍く、すぐに飛び立つことができない。そのため簡単に捕らえられ、羽毛採取のために何百万羽という数のアホウドリが捕獲され、絶滅の危機に瀕したという経緯がある。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【うさぎのキモチ】
尻尾がキモチを代弁してくれる犬や、鳴き声で機嫌のわかる猫と違い、ウサギはそのキモチがわかりずらいですよね。でも、ちゃんと飼い主さんにキモチを伝えていることだってあるんですよ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【白くて大きな人気者。】
鳥の仲間の中でも、その存在感から人気が高いのがオウムの仲間たちだ。極彩色の色彩をまとったものもいれば、このタイハクオウムのようにほとんど白一色の種類もある。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ヒョウモンガメ】
我々に馴染み深いカメといえば、子ガメがゼニガメの名前で売られているクサガメやイシガメといった水辺に住む種類だろう。しかし全世界的にみれば、もっぱら陸上で暮らす種類も少なくはない。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【手乗りのブタさん??】
写真の動物は、なんだかとっても小さなブタさんみたいですね。でもこれ、本当はモルモットなんです。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ミステリアスなムカシトカゲ】
目が三つある生き物といえば、おおよそは想像上の生き物だと思われるだろう。ところが現存する爬虫類の仲間に、三つ目の生物がいる。ムカシトカゲだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【高山に暮らすネコの仲間、ユキヒョウ】
雪のような体色からその名前のあるユキヒョウ。中央アジアの山岳地帯に暮らす、ネコの仲間の中でももっとも標高の高いところで住んでいる動物である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【無数にいた鳥が、1羽もいなくなった時。】
かつては北アメリカ東部に無数にいたとされているカロライナインコ。しかし今日その姿をみることはない。絶滅してしまったためである。それも環境の悪化というよりも、人間の捕獲による面が大きいようだ。インコやオウムといった鳥は果実などを餌にしているため、暖かい地方を中心に分布している。北アメリカにいたカロライナインコはそうした意味で珍しい存在だったが、餌はやはり果実だった。そのため果樹園を営んでいる人々にとって、まず害鳥とされた。食肉や羽飾りにするために、猟銃でひたすら捕獲されていった。そしてついには飼育されていたインコが他界するのと同時に、この地球上から1羽もいなくなってしまったのである。

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)