ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【お母さんが、お父さんになっちゃう?!】
動物たちの中には、人間のように男性女性の区別がなく、環境や状況に応じて男性女性が決定されたり、変化する動物がいることを知っていますか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【人々の努力により、その数を増やすアホウドリ。】
北半球では最大級の海鳥、アホウドリ。翼を広げると2.4mという大きさになる。しかしその大きな体が災いして、地上での動きは非常に鈍く、すぐに飛び立つことができない。そのため簡単に捕らえられ、羽毛採取のために何百万羽という数のアホウドリが捕獲され、絶滅の危機に瀕したという経緯がある。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【巣を下向きに作る鳥、ハタオリドリ。】
ハタオリドリはその名前にあるように、機(ハタ)を織るように立派な巣をつくる、巣作りの得意な鳥です。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【大きな角をもつビッグホーン。】
まさに名が体を現すような動物、ビッグホーン。またの名をオオツノヒツジといい、その名のとおり大きな角をもった野生の羊の仲間である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【かつては日本にも訪れていたという珍鳥、カンムリツクシガモ。】
毎年冬になるとやってくるオナガガモやホシハジロ、キンクロハジロといったカモの仲間たち。上野の不忍池などに集まる様子をみていると、その数はかなりの数に登るように感じられる。しかしカモたちの仲間の中にもその数が減少しており、絶滅が危ぶまれている種類が存在する。オシドリやコウライアイサ、カンムリツクシガモなどがそれにあたる。中でもカンムリツクシガモはすでに絶滅したとも考えられている。正式には標本が3体知られるだけで、その存在がはじめて確認された頃はこの仲間のハイブリッド(雑種)として扱われていたといういわくつきの鳥なのである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【「ユニコーン」のモデルにもなったという、インドサイ。】
サイといえば、およそ大きな動物であるが、インドサイはそのヒダのある鎧のような皮膚に被われており、その重戦車のような体つきからヨロイサイの別名があるといわれている。またアフリカに住むシロサイやクロサイが頭部に2本角があるのに対し、インドサイでは1本である。その角に薬効があるということから捕獲され、一時期その数を減らしたが、保護区の制定により、徐々にその数をふやしているようだ。そしてこの重戦車のような動物、伝説の獣でもある「ユニコーン」のモデルとなったことでも知られている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【オオアリクイのテーブルマナー】
その名の通り、自然下でアリ(シロアリ)たちを専食しているのがオオアリクイだ。そのため、そのアリがいなくなることがないよう、しっかりとしたルールを身につけている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ミステリアスなムカシトカゲ】
目が三つある生き物といえば、おおよそは想像上の生き物だと思われるだろう。ところが現存する爬虫類の仲間に、三つ目の生物がいる。ムカシトカゲだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【キリギリスだって一生懸命】
コロコロチリチリと虫たちの声の聞こえる季節になりましたね。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【北海道に棲んでるけどトウキョウトガリネズミ?!】
体長5センチメートル、体重は2グラムほど。最小の哺乳類のひとつともいわれるのが、トウキョウトガリネズミである。

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)