ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

上空から獲物を見据えるハンター。
上空から獲物を見据えるハンター。
名前の通り、茶褐色の体にまっ白な頭部をもっているのがハクトウワシである。

 ハクトウワシはアメリカ合衆国の国鳥であり、まさにそのシンボルにもなっている。主な餌は小型の獣や鳥類、魚類など。その眼に映ったものは積極的に狩りをして餌としている。生きた生物はもちろん、横たわっている屍も見逃すことはないのだ。全長で80センチメートル以上、両方の翼を広げると2メートルにも達する大型の猛禽類で、北アメリカ大陸全土に分布している。上空高くを滑空してその姿を誇らしげにみせているようだが、実際には発達した眼とその視力によって、注意深く獲物を探しているのである。  上昇気流に乗って大空高く、1000メートル付近まで舞い上がり、周囲5キロメートル先までを偵察している。その視力はなんと人間の約8倍。我々ではぼんやりとしか見えないものでも、かれらにはしっかりと見えているのである。鋭い眼は地上や水面の獲物を見据え、チャンスがあれば一気に急降下する。大きく開いた翼を一気にたたみ、体の重さを最大限に利用して一直線に獲物を目指す。そこに手ごたえを得ると、がっしりとした両足でしっかりとつかみあげる。  一時期、狩猟や農薬の影響により数を減らしたが、現在では国をあげての保護もあり、その数を殖やしている。合衆国のシンボルともいえるハクトウワシは、人の手により守られた猛禽類ともいえるだろう。

  前にもどる