ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

小さな怪獣、サバクツノトカゲ。
小さな怪獣、サバクツノトカゲ。
最近では、匂いが少なく鳴き声のないペットとして、爬虫類を飼育している人も多いという。

 カメ、ヘビと並んで爬虫類を構成するのがトカゲの仲間だ。その種類は爬虫類中最大でもあり、4000種類近くにも達するといわれている。日本ではトカゲやカナヘビといった種類が一般的であり、いわゆるトカゲらしい体つきをしているものが主流だ。しかし全世界的にみるとさまざまな種類が存在し、空中を滑空するもの、2本脚で走るもの、吸盤で壁に貼りついて移動できるものなどが、あらゆる環境に適応しながら暮らしている。  写真のトカゲもそのひとつで、和名はサバクツノトカゲという。生息しているのはアメリカ合衆国西部からメキシコにかけての一帯。名前にあるようにまばらに草が生えている程度の砂地などに棲み、頭部には特徴的な角が並んでいるのが特徴だ。アップにした頭部だけをみてみると、アニメのキャラクターにも登場しそうな雰囲気をもっている。体は扁平で、棲んでいる環境に紛れるのに適した姿をしているといえるだろう。その独特な雰囲気からペットとしても人気が高く、繁殖したものを中心にペットトレードも行われているトカゲ類である。大きさはせいぜい10センチ弱。さしずめ小さな怪獣といったところである。ただし、その見かけのいかつさに反して性質はいたっておとなしく、攻撃をしてくるようなこともまったくないといっていい。彼らの主食はアリ。アリといえばいるところにいけば無尽蔵にいそうでもあるが、アリ自体は非常に小さい生物である。したがって栄養として摂ろう思ったら、ひたすら食べ続け必要があるのだ。実際に食性もアリに特化している部分があるようで、アリの動きにあわせて口を器用に使って次々と捕食していく。オーストラリアの乾燥地帯に暮らすトカゲに、モロクトカゲというやつがいる。こちらはさらに輪をかけて怪獣のようなトカゲで、全身をとげで覆われたような出で立ちをしている。ちょうどサバクツノトカゲと同じような環境に暮らしている彼らだが、面白いことにモロクトカゲもアリを専食している。さまざまな環境で暮らすトカゲたちの、生きていくための適応のひとつなのだろう。  写真はサバクツノトカゲの顔のアップだが、全身を見たいむきはペットペット爬虫類図鑑のアガマ、イグアナの仲間のページにあるので、覗いてみてはいかがだろう。

  前にもどる