ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

ヤマアラシの護身スタイル。
ヤマアラシの護身スタイル。
硬い鎧を身にまとう、あるいは体の色を周囲に溶け込ませて紛れる、さらには強烈な色彩で相手に警告を与える。動物たちは実にさまざまな方法で、自分の身を守ろうとしている。

 特に弱い立場の動物であれば、その工夫もいろいろだ。その点ヤマアラシの仲間の護身術は、かなり単純明快である。  ヤマアラシの特徴というと、後にも先にも体を覆う強力な棘だが、これは被毛が変化したものだ。彼らを狙って肉食獣などがちょっかいをだすと、まずその棘を立てて威かくし、しっぽを振って不気味な音をたてる。さらには地面を踏み鳴らして威嚇するという念の入れようだ。それでも向かってくる敵には、背中や尾に備わった最大40cmにもなる棘を逆立てて攻撃を加える。棘は抜けやすく、刺さったまま相手の体に残る。まごまごすると、それが致命傷になることもあるようだ。  げっ歯類の仲間が1回産む子供の数が多いのに対し、同じげっ歯類でもヤマアラシが1回に産む数は2頭と少なめである。これは生まれた子供が成獣になる確率が高いためと考えられている。両親が子供の面倒みがいい部分もあるが、やはり鋭い棘で身を守ることができるところが、大きく影響しているのかもしれない。  ヤマアラシは分布域が広く、アジアやヨーロッパ、アフリカから、さらには南北アメリカにも生息している。それでも大きく二つのグループに別れ、同じヤマアラシの仲間でも、まったく違った生い立ちをもっているようだ。  アジアやヨーロッパ、アフリカの一群は、単にヤマアラシ類とされる地上性の種類であり、南北アメリカに生息している種類はアメリカヤマアラシ類と呼ばれ、樹上で生活する。両者に共通していることは、体の棘をもっていることである。これはどちらも外敵から身を守るという目的で備えた特徴であり、異なるグループでこうした共通の特徴を備えることを、収斂現象と呼んでいる。

  前にもどる