ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

ロストワールドに暮らすコモドオオトカゲ。
ロストワールドに暮らすコモドオオトカゲ。
インドネシアの洋上の島コモド島。この世界遺産にも登録されたその島に、恐竜の子孫たちが暮らしている。世界最大のトカゲ、コモドドラゴンだ。最大のもので3メートル以上、重さも100キロに達するといわれる。その昔この辺は、交通の便も悪く、それゆえ正体不明の巨大な生物として、恐れられていたという話も残されている。現代によみがえった恐竜ともいえるコモドオオトカゲ。見かけによらず、その動きはすばやいともいう。

多くの島々が連なるように存在する国インドネシア。ドラゴンたちが暮らすコモド島も、そうした島のひとつである。コモドドラゴンはオオトカゲと呼ばれるグループの中でももっとも大きくなる種類であるばかりでなく、現存する世界中のトカゲたちの中でも、もっとも大きな種類である。

名前にあるコモド島のほか、リンチャ島、ギリモンタン島、パダール島、フローレス島といった島嶼に生息している。最大では3メートル以上、その体重は100キロ近くにも達するともいわれているオオトカゲである。ただし通常は2メートル以下のものが多いようで、それでも体重は50キロを上回るものもあるようだ。

幼体は樹上で暮らし、トカゲや昆虫などを餌としている。やがて成長するにつれ活動の舞台を地上へと移し、哺乳類やその死体などを餌にしている。普段その動作はゆっくりとしているが、獲物を襲う際などはその見かけとは裏腹に、機敏な動きをみせるようだ。また繁殖期にはオス同士がメスをめぐって闘争もするようで、互いの力が拮抗していてなかなか決着がつかないケースでは、とっ組み合っての戦いになることもあるようである。

生息地のひとつコモド島は、インドネシア政府により国立公園に指定されている。そして1991年には、世界遺産にも登録された。こうした背景にはオオトカゲの皮を求めて乱獲され、数を減らしたコモドオオトカゲの存在もあったようだ。彼らを保護するために政府によって国立公園に指定され、今日では厳重に守られる。その結果個体数も回復しつつあるようだ。

その昔、彼らの生息地であるこの辺は、交通の便の悪い場所だったとされる。それゆえこのコモドオオトカゲは、正体不明の巨大な生物として、恐れられていたという話も残されている。現代に忽然と現れた、恐竜のようないでたちをもったコモドオオトカゲたち。実際その祖先は、今から1億3千万年前の白亜紀にまでさかのぼるともいわれている。

  前にもどる