ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

ダイビングが得意なウミイグアナ。
ダイビングが得意なウミイグアナ。
限られた環境にしかみられない生物を固有種というが、そうした生物が多いことで有名な地域のひとつがガラパゴス諸島である。

 ガラパゴス諸島に暮らす生き物の中でも有名なのが巨大なカメ、ガラパゴスゾウガメだ。ガラパゴスゾウガメは人類が知る最も長生きする動物の一種だ。さらには飛ぶ必要がなくなったことからか羽根が退化してしまったコバネウ、赤道直下に暮らす世界最小のペンギンなど、特有な生物が暮らしている。そしてもうひとつ、恐竜時代の生き残りのような容姿をもったトカゲの仲間が、このガラパゴス諸島には暮らしている。イグアナだ。  彼らは、暮らしている場所からウミイグアナ、リクイグアナと呼び分けられており、グループも異なる。何より特異なのは、海を餌場に利用しているウミイグアナの存在である。トカゲの仲間、さらには爬虫類全体を見渡してみても、海を利用しながら暮らしているのはウミイグアナのほかはウミガメだけである。当然トカゲの中では唯一の存在だ。彼らが海を利用するようになったのは、このガラパゴス諸島という過酷な環境が影響したと考えられている。溶岩だらけの陸地の環境には、餌となる食物が必ずしも豊富とはいえない。その点でいうと、周囲を海に囲まれたこの島という環境のため、海中の食物は豊富だった。  いつの時点で彼らがこの海藻を利用しだしたかは解らないが、何らかの拍子に求めていた食物を海中に見出したのだろう。その結果彼らは潜水が上手になり、海中で成長する海藻を餌として生きるようになったようである。潜水の能力にも長けており、1時間以上も潜っていられる。また、四肢はがっしりとしていて、丈夫で長い爪をもち、この爪を岩にひっかけることで早い海流に流されずに餌を食べることができる。  一方陸上で生活するリクイグアナは、海に潜ることはせずにサボテンを餌としながら暮らしている。全体的に体色が黒っぽいウミイグアナに対し、リクイグアナでは頭部の周辺が黄色っぽいため、容易に区別はできる。  ウミイグアナをはじめガラパゴスの生物たちは、エクアドル政府によって保護されている。何よりガラパゴス諸島自体が1978年に自然遺産として世界遺産に指定されており、そこに暮らす生き物たちは、世界が共有する遺産ということになる。

  前にもどる