ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

生きた化石、ネオケラトドゥス
生きた化石、ネオケラトドゥス
「ネオケラトドゥス」とは舌を噛みそうな名前だが、これはオーストラリアに生息する肺魚の名前である。

 ネオケラトドゥスは肺魚の仲間の中でも最も原始的な種類といわれ、1科1属1種のみがオーストラリアに分布している。驚くべきことにその祖先は、いわゆる恐竜時代にあたる三畳紀から白亜紀に繁栄したセラトドゥスという種類ともいわれている。そのためシーラカンスと並んで、「生きた化石」と呼ばれる魚類である。  絶滅に瀕する動植物の国際間の商取り引きを規制するCITESでは、2類として扱われているためその輸入が制限されていた。むしろそれ以上に、オーストラリア政府の手厚い保護を受けているため、ペットとして輸出することは、一切禁じられてきた魚である。   現地オーストラリアでも、自然に生息しているのはクイーンズランド州のメアリー川とバーネット川だけだ。長寿であることでも知られており、日本の水族館でも40年という飼育記録もある。もし彼らと出会える機会があれば、脈々と受け継いでいる太古からの鼓動を、感じてみたいものである。

  前にもどる