ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【アカヒゲとコマドリが抱えた、ちょっと複雑な事情。】
アカヒゲという種類の小鳥をご存知だろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【輸入が禁止されたプレーリードッグ。】
ペットから人間に移る感染症がある。人獣共通感染症と呼ばれるものだ。これは狂犬病をはじめ、イヌやネコといったペットにも少なからずある。ペット愛好家が1年に1度ワクチンの接種を行うのは、そうした病気への感染を未然に防ぐためだ。2003年の2月、感染症の予防などに関する法律が改正され、それを受けて2003年の3月ペットとしての人気が出始めたプレーリードッグの輸入が禁じられた。法律に基づいた措置ゆえ厳守する必要があるが、ペット愛好家として考えなければならないのは彼らの適切な管理である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【オオアリクイのテーブルマナー】
その名の通り、自然下でアリ(シロアリ)たちを専食しているのがオオアリクイだ。そのため、そのアリがいなくなることがないよう、しっかりとしたルールを身につけている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【絶滅した巨大有袋類 ディプロトドン。】
コアラやカンガルーなど、有袋類の大陸として知られているのがオーストラリア。その昔、そこには体長が3メートルもあった有袋類が暮らしていた。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【帰化生物について考えよう。】
前回豆知識では日本に運ばれて定着したとされる動物、ハクビシンについて取り上げてみた。今日ではこのハクビシンのほかにも多くの帰化生物たちがおり、その数は200種類を越えるともいわれている。代表的なところでは、しばしばマスコミでも取り上げられるブラックバスやアライグマ、各地でその勢力を広げつつあるミドリガメといったところだろうか。「帰化動物」という言葉は、単に本来分布しているところ以外で暮らしているということをいうのではない。その環境で繁殖し、繁殖している生物をさしている。これにより当然、本来生息していた生物たちは少なからず影響を受けることになる。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【勇猛果敢な群れで暮らすドール。】
東南アジアをはじめ、アムール地方などかなり広範囲に渡って分布する、イヌ科の動物ドール。数頭から15頭前後の群れをつくり、グループで狩りをしながら暮らしている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【お母さんピパの背中は、安全なゆりかご。】
写真の、まるで木の葉のように平べったい生き物は、「ピパ」と言う種類のカエルです。「学名もPipa pipa(ピパピパ)」で、姿に似合わずなんともかわいい名前ですね。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ムササビは空行くげっ歯類。】
木から木へとグライディングしながら移動することで知られているのが、ムササビである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【大きな角をもつビッグホーン。】
まさに名が体を現すような動物、ビッグホーン。またの名をオオツノヒツジといい、その名のとおり大きな角をもった野生の羊の仲間である。

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)