ペットペット動物豆知識

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識
前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【角のあるカメレオン。】
吻部に1本、両目の間に2本、前方に向けて合計3本の角を備えた、なんとも強そうなカメレオンがジャクソンカメレオンである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【月の砂漠を旅するラクダ。「砂漠の船」と呼ばれる体は、過酷な環境によく適応している】
猛烈な砂漠という環境を行くキャラバン隊といえば、トレードマークといってもいいのがラクダの存在である。コブがひとつのヒトコブラクダ、二つあるフタコブラクダが知られているが、少しの水と食べ物だけで重い荷物を背負って、1日100㎞もの移動が可能だ。その秘密は背中のコブ。昔は水がつまっているとかいわれてきたが、現在では脂肪がつまっていることは広く知られるようになった。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【西表島のシンボル、イリオモテヤマネコ。】
八重山諸島西表島だけに生息するイリオモテヤマネコ。面積280平方kmというエリアにだけ分布域が限られるネコ類は、世界でもまれといわれている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【シマウマの種類】
白と黒の大胆な縞模様をまとっているシマウマ。あまりにもわかりやすい外見だからか、「シマウマ」という種類が1種いるように感じるかもしれないが、縞模様や体の大きさなどにより、数種が存在している。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ハクビシンが危ない?】
日本の各地に出没し、その存在が話題になっている動物がいる。鼻から両目の間を貫く白い模様が特徴的なハクビシンだ。カタカナで書くと珍獣のイメージだが、漢字で書くと「白鼻心」。その風貌を的確に現している。ジャコウネコの仲間で、アジアの諸地域に分布している。生息が確認されたのは昭和に入ってからのことのようで、その存在に関しては諸説があるが、人によって持ち込まれたものがという説が有力のようだ。ところが最近、彼らに対して迫害の目が向けられている。一連のSARS報道の影響だ。飼育している愛好家も、飼育を放棄するケースがあったらしい。人と暮らすペットの存在に関して、愛好家は今一度熟考が必要である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【動かない人気者】
頭が禿げ上がったハゲタカに、クチバシに袋をもつペリカンなど、鳥たちの姿には時々ドキッとさせられることがある。この鳥もそのひとつだろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【魚の衣替え。】
夏休みも後半戦に突入!海へ山へと出かけて、自然を満喫している人もきっと多いだろう。そこで豆知識でもきれいな海の魚の話を。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【モグラは日光を浴びると死ぬの?】
地中にトンネルを掘り壮大な地底王国を作るモグラ。名前は確かに有名なのだが、実際にその姿を見たことがある人は少ないのではないだろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【フクロモモンガは甘いものがお好き?】
写真の動物は、一見してモモンガのように見えることからその名もフクロモモンガという。でも正確にはモモンガの仲間ではなく、カンガルーやコアラと同様に有袋類の仲間になる。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ヒトと犬の歴史。】
人間に従順なパートナーの犬。動物の種類多しといえども、ヒトの暮らしにこれだけ密接して存在する動物はいないだろう。

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)