ペット情報総合サイトPETPETペットといっしょに考えよう

ペットといっしょに考えよう

<PETPET事務局より>  2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。  モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。
  前のページ |12345678910| 次のページ  
81~90(91件中)
ペットといっしょに考えようコラム【転位行動】写真
大寒の時期をさかいに、日本列島の各地ではいよいよ寒さがピークに達したようです。それでも庭のすみには「ふきのとう」が顔をのぞかせ、星を仰いでのアイツ(7才・37Kg)との早朝散歩も、帰路にはいつしか東の空が朱に染まってしらしら明けてくるようになりました。春遠からじを実感するとともに、足元が少しずつ確かになっていくのは大歓迎です。

ペットといっしょに考えようコラム【自然界に学ぶ】写真
短い夏が過ぎたと思ったら、カレンダーの余すところは、残り2枚だけとなりました。<br><br>私事で恐縮ですが、年末には「村の渡しの船頭さん」と同じ年を迎えます。

ペットといっしょに考えようコラム【大型犬との暮らし】写真
武蔵野の雑木林を代表するクヌギ、コナラ、エゴノキ等の裸木が、青空に向かって鋭く枝を伸ばしています。

ペットといっしょに考えようコラム【Amazing Grace(アメイジング グレイス)】写真
午前6時、すでに輝きを失いつつある月が入り残る西の方をめざし、アイツ(9才・37kg)との散歩をスタートいたします。つい先ごろのこの時分は、青味ががった空が凍てつき、たまに行き交う人の姿も判別しかねる暗さでしたが、弥生3月を迎へてにわかに日の出も早まり、明るさがまし冷気も薄れてきました。

ペットといっしょに考えようコラム【バロメーター】写真
八十八夜を間近に迎え、拙宅に隣接する広い茶畑は、いつしか深緑から黄緑へと色鮮やかに変身してきました。ここは、「かおり静岡、あじ狭山」と並び称されるおいしい茶産地の一隅で、まもなく新芽の茶摘みが始まります。

ペットといっしょに考えようコラム【老化現象】写真
この一両年は、清涼の季が到来すると決まって、やれやれ今年もアイツ(12才・34Kg)は無事に夏を乗り越えることができた、とホット安堵するのが常となりました。

ペットといっしょに考えようコラム【骨】写真
寒さはピークを迎えていますが、いつしか旧年末と比べても、あまり寒さを感じなくなりました。身体が徐々に馴染んだせいなのか、それともほのかに春の息吹を感じ始めたからでしょうか。老骨(?)にムチ打ちながら、相も変わらずハンで押したようにアイツ(9才・37Kg)との散歩に精勤していますが、その道すがらでのネコヤナギの枝には、花穂の銀毛がサヤのように伸びてきました。春遠からじです。

ペットといっしょに考えようコラム【犬のサイン】写真
いつもは、アイツ(6才・36Kg)を真横に従えてリーダーウォークを常としているが、時に真後ろに回って独特のモンローウォークをしげしげとながめることがある。いつもながら色気タップリに左右に揺れるお尻とブラブラしている太くて長いシッポに愛嬌があって可愛いもんだ。

ペットといっしょに考えようコラム【犬とメロディ】写真
日頃からテレビ(芸能)音痴を自認していましたが、いきなりカーラジオからその歌が流れてきた時はビックリいたしました。20余年も前のなつかしい「大きな古時計」の曲で、今になって大ヒットしていることを知らされた次第です。

ペットといっしょに考えようコラム【虚と実】写真
爽やかな薫風に誘われて、休日の散歩コースはアイツ(7才・37kg)と里山の雑木林を巡っています。お目当ては「タラノキ」の芽であり、楽しみは晩酌の肴とするテンプラです。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
81~90(91件中)