ペット情報総合サイトPETPETペットといっしょに考えよう

ペットといっしょに考えよう

<PETPET事務局より>  2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。  モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。
  前のページ |12345678910| 次のページ  
81~90(91件中)
ペットといっしょに考えようコラム【やきもち】写真
朝から冷たい雨が降りしきり、郊外の住宅街では早くも灯油販売のトラックがオルゴールを鳴らしてユックリと往来しています。ひと月前の残暑がまるでウソのようです。

ペットといっしょに考えようコラム【秋色】写真
いつもの公園は、ハナミズキ、ユリノキ、ポプラと、低い木から順に紅葉が染め進み、早くも樹間には落ち葉が積もり始めました。

ペットといっしょに考えようコラム【君がいてよかった】写真
あけましておめでとうございます。お年玉と言っては我田引水ですが、HP閲覧の皆様にトピックスをご案内申し上げます。

ペットといっしょに考えようコラム【野生動物「タマちゃん」】写真
きびしい残暑が身にこたえます。<br>建物も電車も車も一様に冷房が完備されてずい分とすごし易くなっているはずなのに、一歩外に出るとまるで熱したフライパンの中にいるようです。

ペットといっしょに考えようコラム【アメニティ】写真
それがアイツ(11才・33Kg)にとって、権利なのか義務なのかは定かではないのですが、いつも喜び勇んでシッポを振りながら早朝の散歩に出掛け、終えるとケネルにこもって安穏にまどろんでいる姿を垣間見ると、果たしてアイツは自分の環境に満足(?)してくれているのか、聞いてみたくなります。

ペットといっしょに考えようコラム【エコ対策】写真
雨間につかのまの青空を見上げますと、心なしか空も高くなり、日差しがやわらいできました。それにしても、連日に渡り日本各地を抜き打ち的に暴れ回るゲリラ豪雨は、まさに異常としか言いようがありません。昨年は高温の記録が話題となり、今年は雨量の記録を残しながら夏が過ぎ去ろうとしています。

ペットといっしょに考えようコラム【麦秋の頃】写真
通勤電車の車窓からながめる雑木林の青葉が目に沁みます。

立春も間近、早くも庭の片隅では「フキノトウ」が二つほど顔をのぞかせてきました。季節のうつろいは正直ですが、寒さは今がピークのようです。

夏の訪れとともに、花々の装いも紫系からクチナシ等に代表される白系へと移ってきました。

ペットといっしょに考えようコラム【Amazing Grace(アメイジング グレイス)】写真
午前6時、すでに輝きを失いつつある月が入り残る西の方をめざし、アイツ(9才・37kg)との散歩をスタートいたします。つい先ごろのこの時分は、青味ががった空が凍てつき、たまに行き交う人の姿も判別しかねる暗さでしたが、弥生3月を迎へてにわかに日の出も早まり、明るさがまし冷気も薄れてきました。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
81~90(91件中)