ペット情報総合サイトPETPETペットといっしょに考えよう

ペットといっしょに考えよう

<PETPET事務局より>  2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。  モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。
  前のページ |12345678910| 次のページ  
81~90(91件中)
ペットといっしょに考えようコラム【木の芽時】写真
風光る4月から、風薫る候へと移ろってきました。新芽が萌え出でる山野は、まるでパステル画を見るようで、緑の色調は日一日と濃さをおび、ボリュームを増しながら鮮やかに変わっていきます。

ペットといっしょに考えようコラム【習慣】写真
ご存じのように、英国では「犬は人類最良の友である」と公言されるほどに、国民の犬好きは有名です。

ペットといっしょに考えようコラム【動物愛護週間について考えてみました。】写真
毎年のことなのですが、夏の甲子園全国高等学校野球選手権大会が終わる頃になると、行く夏を惜しみ始め、ほどなく彼岸花が咲き始めると秋もたけなわを実感し、いよいよ動物愛護週間(9月20日〜26日)となります。

立春も間近、早くも庭の片隅では「フキノトウ」が二つほど顔をのぞかせてきました。季節のうつろいは正直ですが、寒さは今がピークのようです。

ペットといっしょに考えようコラム【似たもの同志】写真
明けましておめでとうございます。<br>俗に、犬は人に付き、猫は家に付くと言われますが、確かに犬の場合は飼い主の一挙手一投足に鋭敏な反応を示し学習をしていくようです。そのせいでしょうか、時たま、飼い主によく似た犬や犬によく似た飼い主を見かけることがあります。

ペットといっしょに考えようコラム【君がいてよかった】写真
あけましておめでとうございます。お年玉と言っては我田引水ですが、HP閲覧の皆様にトピックスをご案内申し上げます。

ペットといっしょに考えようコラム【ペットビジネス】写真
まるでハンで押したような日課ですが、早朝と夜更けにアイツ(10才・36Kg)と、のんびり語らい(?)ながら歩いています。その合間に、こちらは畦畔の彼岸花やキンモクセイの芳香等の小さな秋を見つけたり、アイツは芝生に寝ころんで身体をこすりつけたりと、お互いに好き勝手をして過ごします。それにしても、この異常気象にも負けずに、いずれの花も見事に時期を違えずに咲き出すものと、いつも自然界の摂理に感心させられています。

ペットといっしょに考えようコラム【野生動物「タマちゃん」】写真
きびしい残暑が身にこたえます。<br>建物も電車も車も一様に冷房が完備されてずい分とすごし易くなっているはずなのに、一歩外に出るとまるで熱したフライパンの中にいるようです。

いつしか日没時間も早まり、もの静かな晩夏の気配が漂いはじめたころ、俄かに日本列島の各地が拡声器の大声であふれ始めました。その20日ほど前のことですが、炎暑の盛りに万博で賑わう観光客をしり目に愛知県の三河地方に出向きました。

ペットといっしょに考えようコラム【連載70回】写真
茶畑の新芽を渡る心地好い薫風の中で一服していると、いつの間にか臭いをかぎつけてのっそりとアイツ(10才・35Kg)が近寄ってきます。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
81~90(91件中)