ペット情報総合サイトPETPETペットといっしょに考えよう

ペットといっしょに考えよう

<PETPET事務局より>  2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。  モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。
  前のページ |12345678910| 次のページ  
51~60(91件中)
ペットといっしょに考えようコラム【習慣】写真
ご存じのように、英国では「犬は人類最良の友である」と公言されるほどに、国民の犬好きは有名です。

ペットといっしょに考えようコラム【アメニティ】写真
それがアイツ(11才・33Kg)にとって、権利なのか義務なのかは定かではないのですが、いつも喜び勇んでシッポを振りながら早朝の散歩に出掛け、終えるとケネルにこもって安穏にまどろんでいる姿を垣間見ると、果たしてアイツは自分の環境に満足(?)してくれているのか、聞いてみたくなります。

ペットといっしょに考えようコラム【老化現象】写真
この一両年は、清涼の季が到来すると決まって、やれやれ今年もアイツ(12才・34Kg)は無事に夏を乗り越えることができた、とホット安堵するのが常となりました。

ペットといっしょに考えようコラム【野生鳥獣】写真
八十八夜も間近、お茶の新芽が色鮮やかに出揃いました。;

ペットといっしょに考えようコラム【秋色】写真
いつもの公園は、ハナミズキ、ユリノキ、ポプラと、低い木から順に紅葉が染め進み、早くも樹間には落ち葉が積もり始めました。

ペットといっしょに考えようコラム【自然のうつろい】写真
あけましておめでとうございます<br><br>いささか旧聞ですが、ちょうど「冬至冬中冬はじめ」の頃のことです。<br><br>この冬一番の寒気団が押し寄せてきた冷え込みの中、例によってアイツ(7才・37Kg)と夜更けの散歩をしていました。

「2月が足早ににげてしまった。」などとひとりごとながら、例によってアイツ(5歳・35kg)と夜更の散歩をする。

ペットといっしょに考えようコラム【動物とマスメディア】写真
動物愛護週間のイベントが済み、ホッと一息ついています。気がつけば、酷しい残暑にまとわりつくように咲き誇っていた百日紅(サルスベリ)もいつしか色あせ、とって代るように野辺には彼岸花が色取りを添えています。毎年のことながら、季を違えぬ律儀な花と感心しています。

ペットといっしょに考えようコラム【自然界に学ぶ】写真
短い夏が過ぎたと思ったら、カレンダーの余すところは、残り2枚だけとなりました。<br><br>私事で恐縮ですが、年末には「村の渡しの船頭さん」と同じ年を迎えます。

ペットといっしょに考えようコラム【いのちを育む】写真
寒暖を繰り返しながら、ようやく本格的な春のおとずれをむかえました。<br><br>花が咲き乱れ、山も笑いだし、自然界は華やかに装いを一新しています。そして、動物界も各地でにぎやかなベビーラッシュが続いています。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
51~60(91件中)