ペット情報総合サイトPETPETペットといっしょに考えよう

ペットといっしょに考えよう

<PETPET事務局より>  2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。  モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。
  前のページ |12345678910| 次のページ  
41~50(91件中)
ペットといっしょに考えようコラム【いのちを育む】写真
寒暖を繰り返しながら、ようやく本格的な春のおとずれをむかえました。<br><br>花が咲き乱れ、山も笑いだし、自然界は華やかに装いを一新しています。そして、動物界も各地でにぎやかなベビーラッシュが続いています。

ペットといっしょに考えようコラム【動物とマスメディア】写真
動物愛護週間のイベントが済み、ホッと一息ついています。気がつけば、酷しい残暑にまとわりつくように咲き誇っていた百日紅(サルスベリ)もいつしか色あせ、とって代るように野辺には彼岸花が色取りを添えています。毎年のことながら、季を違えぬ律儀な花と感心しています。

ペットといっしょに考えようコラム【似たもの同志】写真
明けましておめでとうございます。<br>俗に、犬は人に付き、猫は家に付くと言われますが、確かに犬の場合は飼い主の一挙手一投足に鋭敏な反応を示し学習をしていくようです。そのせいでしょうか、時たま、飼い主によく似た犬や犬によく似た飼い主を見かけることがあります。

「2月が足早ににげてしまった。」などとひとりごとながら、例によってアイツ(5歳・35kg)と夜更の散歩をする。

“好きなだけで動物を飼えるわけではない”<br>動物を慈しむやさしい人柄(感情)、動物の特性や生理の知識(科学)のバランスが取れてこそ、真の共生といえるのではないでしょうか。

ペットといっしょに考えようコラム【春遠からじ】写真
ひときわ寒さが肌を刺します。<br> 出勤時、郊外の最寄り駅前にある電光掲示板は、−3度を示していました。

ペットといっしょに考えようコラム【外来生物】写真
久しぶりに早朝から夏空が広がりました。

ペットといっしょに考えようコラム【青い森紀行】写真
今年も、アッと言う間に折り返し点に到達いたしました。

ペットといっしょに考えようコラム【骨】写真
寒さはピークを迎えていますが、いつしか旧年末と比べても、あまり寒さを感じなくなりました。身体が徐々に馴染んだせいなのか、それともほのかに春の息吹を感じ始めたからでしょうか。老骨(?)にムチ打ちながら、相も変わらずハンで押したようにアイツ(9才・37Kg)との散歩に精勤していますが、その道すがらでのネコヤナギの枝には、花穂の銀毛がサヤのように伸びてきました。春遠からじです。

梅雨前線がすぐそばまで接近してきました。過ぎ去ろうとしている爽やかだった五月が名残惜しくなります。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
41~50(91件中)