ペット情報総合サイトPETPETペットといっしょに考えよう

ペットといっしょに考えよう

<PETPET事務局より>  2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。  モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。
  前のページ |12345678910| 次のページ  
21~30(91件中)
ペットといっしょに考えようコラム【犬とメロディ】写真
日頃からテレビ(芸能)音痴を自認していましたが、いきなりカーラジオからその歌が流れてきた時はビックリいたしました。20余年も前のなつかしい「大きな古時計」の曲で、今になって大ヒットしていることを知らされた次第です。

ペットといっしょに考えようコラム【換毛期】写真
雌雄は定かではありませんが、2羽のセグロセキレイがしきりと飛来してきます。<br> 隣りの茶畑から庭の梅の木へ飛び移り、あたりの様子をうかがってから、やおらアイツ<br>(9才・37Kg)の小屋の周りに降り立ちます。<br>しばらく観察していると、何と彼等の目的はアイツの抜け毛を収集していることが判明いたしました。多分、営巣の素材として暖かい純毛を利用しているのでしょう。グッドアイディアに感心いたしました。

ペットといっしょに考えようコラム【雑草】写真
夜来、天気予報は「明日は全国的に快晴に恵まれ、暖かくなるでしょう」と繰り返し、密かにワクワクしていました。何も、特段な予定があるわけでもなく、いつものようにアイツ(11才・33Kg)との早朝散歩で一日が始まり、夜の散歩で終わるだけのことですが、ただ全国の春の訪れを確認したかったのです。

ペットといっしょに考えようコラム【狼爪(おおかみつめ)】写真
木の葉が散り急ぎ、雑木林から見上げる星空が大きく広がってきました。<br><br>傍では、枯れ葉に横たわったアイツ(5才・36Kg)が一心不乱に自分の右前足をなめ続けています。自然治癒に頼る動物のやり方なのでしょうが、かなり痛むようです。

ペットといっしょに考えようコラム【黄秋】写真
庭の柿の木は、まるで日めくりのカレンダ−を剥がしているかのように、日毎に葉を落とし続けて残りもあとわずか、冬間近の風情をかもしています。

ペットといっしょに考えようコラム【春遠からじ】写真
ひときわ寒さが肌を刺します。<br> 出勤時、郊外の最寄り駅前にある電光掲示板は、−3度を示していました。

例年のことですが、年度末を迎えると地方への出張が頻繁となります。<br>家人からは、「いろいろな所に行けていいわね」と言われますが、どうやら旅行と勘違いしているようで、いささか心外です。

ペットといっしょに考えようコラム【動物たちの反撃とその対策】写真
かっては、俗にニッパチ(2月・8月)と呼ばれ、この時期は寒さ、暑さのせいか、人の動きも不活発で特段のトピックスも生じないものでした。そのために、せめて動物の話題でも、と本協会にはネタ切れ気味なマスメディアの皆さんがしげしげと取材に来られたものです。寒さに震えるサルとか暑さにうだるホッキョクグマの類です。

ペットといっしょに考えようコラム【アメニティ】写真
それがアイツ(11才・33Kg)にとって、権利なのか義務なのかは定かではないのですが、いつも喜び勇んでシッポを振りながら早朝の散歩に出掛け、終えるとケネルにこもって安穏にまどろんでいる姿を垣間見ると、果たしてアイツは自分の環境に満足(?)してくれているのか、聞いてみたくなります。

ペットといっしょに考えようコラム【アンバランス】写真
さわやかな早朝、高く澄み切った西の空には、白色を帯びた満月が淡く入り残っています。ようやく秋の訪れを肌で感じ始めました。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
21~30(91件中)