ペット情報総合サイトPETPETペットといっしょに考えよう

ペットといっしょに考えよう

<PETPET事務局より>  2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。  モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。
  前のページ |12345678910| 次のページ  
21~30(91件中)
ペットといっしょに考えようコラム【きめこまかい観察】写真
一月は行って、二月は逃げて、三月は去って、瞬く間に3ケ月がすぎました。<br>しかし、この間は、季節のうつろいが目で、肌で最も実感できる時期でもあります。フキノトウはいつしか小さな葉を広げ、タラノキのてっぺんにはおいしそうな芽が艶やかに輝き、そして満員の通勤電車では、早くも窓開けに協力依頼をする放送が流れています。

念願の青森県・三内丸山遺跡を訪ねました。古代縄文人の動物との係りの深さは、動物愛護精神の原点とも言える物です。現代社会の抱える問題点を解決するヒントは、もしかしたらここにあるのではないでしょうか。

ペットといっしょに考えようコラム【連載70回】写真
茶畑の新芽を渡る心地好い薫風の中で一服していると、いつの間にか臭いをかぎつけてのっそりとアイツ(10才・35Kg)が近寄ってきます。

ペットといっしょに考えようコラム【野生鳥獣】写真
八十八夜も間近、お茶の新芽が色鮮やかに出揃いました。;

「新潟県中越地震の動物救済仮本部と口座開設のご案内」<br>

ペットといっしょに考えようコラム【ターミナル】写真
台風一過、澄みきった夜空に月の光が輝いています。

いつしか日没時間も早まり、もの静かな晩夏の気配が漂いはじめたころ、俄かに日本列島の各地が拡声器の大声であふれ始めました。その20日ほど前のことですが、炎暑の盛りに万博で賑わう観光客をしり目に愛知県の三河地方に出向きました。

いつの頃からか記憶は定かではありませんが、いつしか「オオカミ」にはまってしまいました。長じて、動物愛護でメシを食うようになってからも、その思いは募る一方です。

ひところ、「○○にやさしい」というコピーがマスメディアに氾濫していた。曰く○○は地球であり、環境であり、そして動物である。ストレスにさいなまれ、ギスギスして世の中における拠として誰しもが「やさしさ」を求めており、耳に心地よく素直に受け止められるからであろう。

ペットといっしょに考えようコラム【秋色】写真
いつもの公園は、ハナミズキ、ユリノキ、ポプラと、低い木から順に紅葉が染め進み、早くも樹間には落ち葉が積もり始めました。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
21~30(91件中)