ペット情報総合サイトPETPETペットといっしょに考えよう

ペットといっしょに考えよう

<PETPET事務局より>  2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。  モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。
  前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(91件中)
ペットといっしょに考えようコラム【野生動物の明日】写真
明けましておめでとうございます。<br> 旧年の末には、イヌ年の掉尾を飾るべく、アイツ(10才・36Kg)に敬意を表してトリミングに出掛け、首輪も6年ぶりに真っ赤な新品に付け替えました。まさに「馬子にも衣装」で、見違えるほど可愛く(?)なり、無事に十二支アンカーのイノシシにバトンタッチしたところです。

いつしか日没時間も早まり、もの静かな晩夏の気配が漂いはじめたころ、俄かに日本列島の各地が拡声器の大声であふれ始めました。その20日ほど前のことですが、炎暑の盛りに万博で賑わう観光客をしり目に愛知県の三河地方に出向きました。

ペットといっしょに考えようコラム【オレ流の環境問題】写真
一面の広い芝生の公園は、そこだけが一段と緑が濃くなってクローバーが密生しています。かれこれ50分ほど歩き回り、アイツ(7歳・37Kg)の呼吸も激しさを増してきたので、深々としたジュータンに腰を下ろすとアイツも傍らに身を横たえてきました。

ペットといっしょに考えようコラム【Amazing Grace(アメイジング グレイス)】写真
午前6時、すでに輝きを失いつつある月が入り残る西の方をめざし、アイツ(9才・37kg)との散歩をスタートいたします。つい先ごろのこの時分は、青味ががった空が凍てつき、たまに行き交う人の姿も判別しかねる暗さでしたが、弥生3月を迎へてにわかに日の出も早まり、明るさがまし冷気も薄れてきました。

いつの頃からか記憶は定かではありませんが、いつしか「オオカミ」にはまってしまいました。長じて、動物愛護でメシを食うようになってからも、その思いは募る一方です。

立春も間近、早くも庭の片隅では「フキノトウ」が二つほど顔をのぞかせてきました。季節のうつろいは正直ですが、寒さは今がピークのようです。

夏の訪れとともに、花々の装いも紫系からクチナシ等に代表される白系へと移ってきました。

ペットといっしょに考えようコラム【ターミナル】写真
台風一過、澄みきった夜空に月の光が輝いています。

気がつけば、日脚がグーンとのびて球春も間近、暖かい陽光が待ち望まれます。<br>つい最近のことですが、お年玉のつもりでアイツ(6才・36Kg)に念願の木造新居(コテージ風ワンルーム)を奮発いたしました。これまでの大型中古バリケンと比べて一挙にグレードアップしたところです。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(91件中)