ペット情報総合サイトPETPETペットといっしょに考えよう

ペットといっしょに考えよう

<PETPET事務局より>  2001年7月から2009年12月まで、PETPETで「ペットと一緒に考えよう」を執筆してくださいました会田先生より、コラムにも度々登場した“アイツ”ことモカ君が、2010年6月8日に、虹の橋に旅立ったとのご連絡をいただきました。  モカ君のご冥福を祈ると共に、会田先生より今回特別に寄せていただきました原稿を掲載いたします。
  前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(91件中)
立春も間近、早くも庭の片隅では「フキノトウ」が二つほど顔をのぞかせてきました。季節のうつろいは正直ですが、寒さは今がピークのようです。

もの心がつき、桜を愛ではじめてから半世紀がすぎましたが、いつもイメージとしては、4月・陽春・新学期が定番となっていただけに、あまりにも早すぎる今年の桜の開花に大いに戸惑いを覚えています。そして、心なしか花の色もうすく、いつになく白みをおびているようにも思えます。

ペットといっしょに考えようコラム【野生鳥獣】写真
八十八夜も間近、お茶の新芽が色鮮やかに出揃いました。;

ペットといっしょに考えようコラム【いのちを育む】写真
寒暖を繰り返しながら、ようやく本格的な春のおとずれをむかえました。<br><br>花が咲き乱れ、山も笑いだし、自然界は華やかに装いを一新しています。そして、動物界も各地でにぎやかなベビーラッシュが続いています。

冷たい北からの風が、いつしか東よりへと向きを変えてくると、雑木林がかすかに笑い始め、野には春色が満ちてきます。

ペットといっしょに考えようコラム【暖冬異変】写真
 この冬は、旧年の立冬に始まり今月の立春までの間というもの、マスメディアには絶えず暖冬異変情報が溢れていささか食傷気味になっています。

休日に限り、アイツ(オス・5才・35Kg)との朝の散歩コースは、時間延長サービスで近くの一級河川(川幅はわずか2m余り)の土手沿いをのんびりと歩くのが定番となっています。そこにはカルガモが棲みつき、3月の上旬には軟式ボールほどの8羽のヒナを見かけました。やがてヒナたちはソフトボールの大きさに成長しましたが、数は5羽に減っていました。そう言えば、川岸のムクの大木にはいつも数羽のカラスが・・・。

ペットといっしょに考えようコラム【君がいてよかった】写真
あけましておめでとうございます。お年玉と言っては我田引水ですが、HP閲覧の皆様にトピックスをご案内申し上げます。

ペットといっしょに考えようコラム【老化現象】写真
この一両年は、清涼の季が到来すると決まって、やれやれ今年もアイツ(12才・34Kg)は無事に夏を乗り越えることができた、とホット安堵するのが常となりました。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(91件中)