犬・猫・小動物病気事典

尿結石(尿道結石)
症状
頻繁に排尿しようとしますが、実際には極少量の尿しか出てきません。排尿を我慢することができないで、いろいろな場所で排尿してしまうこともあります。症状が進行すると、排尿がまったくできなくなるため腹部に激痛が走ったりします。
原因
膀胱内や尿道に結石が生じた結果、排尿が困難になった状態です。
対処
早急に獣医師の診察を受け適切な処置を行わないと致命的になることがあります。また、再発防止のために餌を変えることなどを獣医師から示唆されることもあります。メスは尿道が太く短いためこの病菌かっかることはまれですが、オスの場合は良く見られる疾患です。また、犬よりもネコで多く見られるとされています。
 

尿結石(尿道結石)

★犬・猫・小動物病気事典について
実際の病名や治療方法については、病気になった動物を診察した獣医さん以外には判断できません。これはあくまでも病気のおおよその見当をつける際に役立つものであって、本検索で病気を特定することはできません。あらかじめご了承ください。