犬・猫・小動物病気事典

肛門周囲瘻
症状
肛門の周囲が赤く炎症を起こし、膿が出ていることもあります。患部がかゆみを伴なうため、噛んだり引っかいたりと言った動作が見られるのも特徴の一つです。症状が進行すると悪臭を放つようになります。
原因
肛門の周囲が慢性炎症を起こしている状態です。
対処
獣医師の診察を受け適切な処置を行ってください。通常は手術で患部の除去をしますが、少しでも患部の組織が残っていると再発する恐れがあります。犬ではオスのシェパードによく見られるといわれています。
 

肛門周囲瘻

★犬・猫・小動物病気事典について
実際の病名や治療方法については、病気になった動物を診察した獣医さん以外には判断できません。これはあくまでも病気のおおよその見当をつける際に役立つものであって、本検索で病気を特定することはできません。あらかじめご了承ください。