犬・猫・小動物病気事典

小眼球症(無眼球症)
症状
先天性の病気で生まれつき眼球が正常な大きさでない(小眼球症)、眼球がまったく存在しない(無眼球症)ものです。
原因
はっきりとはわかっていませんが、母体内での発生途中に何らかの異常が発生したことによるものと考えられています。
対処
先天性の疾患で、治癒の可能性はほとんどありません。
 

小眼球症(無眼球症)

★犬・猫・小動物病気事典について
実際の病名や治療方法については、病気になった動物を診察した獣医さん以外には判断できません。これはあくまでも病気のおおよその見当をつける際に役立つものであって、本検索で病気を特定することはできません。あらかじめご了承ください。