犬・猫・小動物病気事典

トキソプラズマ症.
症状
初期の段階では呼吸困難や下痢などが見られますが、症状が進行してしまうとそれ以外の様々な症状が複合して見られるようになります。
原因
トキソプラズマの寄生による疾患で、胎児が母体内でうつされる他汚染した便やエサから感染することもあります。
対処
早期の時点での発見と治療が大切です。長期間に渡る治療が必要となりますから、獣医師の指示に従い根気良く治療を行ってください。また、人間にも感染する病気であり、特に妊婦が感染すると胎児の奇形発生率が高くなると言われているため、妊婦がいる家庭で猫を飼育している場合は、人間、猫の両方で一度検査を受けておいたほうが無難です。ただし、犬に関してはこの病気にかかっても他に感染させないことが確認されています。
 

トキソプラズマ症.

★犬・猫・小動物病気事典について
実際の病名や治療方法については、病気になった動物を診察した獣医さん以外には判断できません。これはあくまでも病気のおおよその見当をつける際に役立つものであって、本検索で病気を特定することはできません。あらかじめご了承ください。