犬・猫・小動物病気事典

犬フィラリア症
症状
初期の段階では、散歩などの運動の後に咳をするようになるが、その後咳は慢性化し体力を消耗していきます。症状がかなり進行した際には、腹部に水が溜まり大きく膨らむこともある。
原因
蚊を媒介として感染します。フィラリアの幼虫が犬の体内に入り込むと、心臓に移動しここで症状が現れてきます。
対処
発病してからの治療よりも、予防の方が大切です。蚊が特に多い地域では、蚊の活動するシーズンの前に獣医師に相談し、予防薬を処方してもらうことをオススメします。
 

犬フィラリア症

★犬・猫・小動物病気事典について
実際の病名や治療方法については、病気になった動物を診察した獣医さん以外には判断できません。これはあくまでも病気のおおよその見当をつける際に役立つものであって、本検索で病気を特定することはできません。あらかじめご了承ください。